パグを飼ってみたい人必見!パグが飼いやすいといわれる3つの理由

パグはトイプードルやチワワのように“爆発的な人気”こそありませんが、一定数の“超パグ好き”が存在しています。またパグは小型犬の中でも比較的に飼いやすい犬種です。パグの特徴や性格を踏まえ、どうしてパグが人気があるのかを調べました。

ずんぐりむっくりがかわいい。パグの特徴を知る

パグは中国が原産の犬種で、鼻が短くて顔も目も大きいという、とても特徴的な風貌をしています。顔面の構造は人間とよく似ており表情がとても豊かです。長年一緒に暮らしている飼い主は、その目や表情だけで気持ちがわかるという人もいるくらいです。

くるっとしっかり巻いた尻尾とスクエアな体型も、パグの特徴の一つです。横顔は平らで目が大きく、全体的にちょっとアンバランスな体型をしています。毛色はフォーン、ブラック、アプリコット、シルバーとありますが、日本ではフォーンとブラックがほとんどです。

パグが飼いやすいといわれる3つの理由

個性豊か過ぎるパグが飼いやすいといわれる理由は、大きく分けて3つあります。

①性格が穏やか

パグはとても穏やかな性格をしています。決して攻撃的な性格ではありません。飼い主と遊ぶことが大好きでいつも一緒にいたいタイプの犬です。

そんな性格なので子どもやお年寄りがいる家庭でも、問題なく家族になれるでしょう。また陽気でエネルギッシュで、いくつになっても子犬のように遊びたがる無邪気な一面もあります。小型犬に多い無駄ぼえも少なく、マンションなどでも飼いやすい犬種といえるでしょう。

②飼い主を喜ばせることが大好き

パグは飼い主が喜ぶ姿が大好きです。また飼い主に褒められることも好きなので、この性格を利用すればしつけもうまくできるでしょう。上手にできたときは、大げさなくらい喜んで褒めてあげる。反対に駄目なときは明確に駄目と教えてあげてください。しつけがうまくできれば、飼い主にはとても従順で優しい犬種です。少し頑固な面もありますが、比較的扱いやすい犬種といえるでしょう。

③お手入れが比較的、簡単

短毛種のため比較的お手入れはしやすいです。散歩も気分転換の意味で1日20~30分程度で問題ありません。どちらかというと散歩よりも遊ぶことが好きなので、たっぷり遊ばせてあげると満足します。また体は丈夫な方といえるでしょう。

パグを飼うときに注意すること

パグの目は大きく出っ張っているので、散歩のときなどけがをする可能性があります。小さい枝など細くてとがったものには気を付けましょう。また、ブルドックなどと同じように皮膚病にかかりやすい子もいるので、暑い季節にはシャンプーを小まめにした方がいいでしょう。

意外と手がかかるのが抜け毛です。パグは抜け毛が多いのです。特に春と秋の換毛期には多く毛が抜けるので、掃除が大変かもしれません。また鼻が短いため、暑さ・寒さにはとても弱いです。夏場は熱中症に気を付けてください。気温があまり高くなくても湿度が高いとパグにとってはつらい環境です。エアコンなどで上手に気温を調整してあげてください。

パグ名物といえば、寝ているときの“いびき”。びっくりするほど大きいいびきをかきます。気になる方は寝室を別々にするなど対策をおすすめします。

パグとの暮らしを楽しもう

パグは一緒に暮らすことでその魅力のとりこになってしまう不思議な犬。JKCの年間登録件犬数も毎年20位以内に入っており、根強い人気があります。あの不思議な顔と人間のようなしぐさや表情は、パグを飼ったことのある人にしかわからない特別な“味”があります。これが一番の魅力かもしれませんね。

陽気で楽しいパグとの生活、楽しんでみませんか?

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING