犬の目に入った毛やゴミを、眼球を傷付けず上手に取る方法

ふと気付いたら、犬の大きな目の中に毛やごみが付着している光景を見たことがありませんか? 人間の目は少しでもごみが入ると違和感を覚え、痛みを感じます。では、犬の場合も同じなのでしょうか?

犬は目に入ったごみや毛に気付いている? 気付いていない?

犬は目に入ったごみや毛に気付いている? 気付いていない?

犬の目によく入っているものは、自分の毛なのでしょうか? 何だか見ているこっちが気になってしまい、取ってあげたくなってしまうものです。でも、ほとんどの犬はごみや毛が自分の目に入っていても、あまり気にならない様子。そのうち、涙などで自然に簡単に取れるから、でしょう。

とはいっても、何時間も目の中の同じところにごみが付着し、目を気にして痛がっている場合は取ってあげた方が賢明。取らずに放置してよくあるケースは、目にごみが入ったまま犬が前足で目をこすってしまい、自分で目を傷付けてしまう……といった二次的なけがです。ただし、目からごみを取るときは、要注意。安易に人間が指などで取ろうとすると犬の目を傷付け、眼病の原因にもなってしまいます。

犬の目に入ったごみは目薬で取り除くこと

犬の目に入ったごみは目薬で取り除くこと

犬の目の中のごみや毛を取るときは、犬専用の目薬で流しとるのが一番です。犬専用の目薬は犬の涙と同じ成分なので、犬の目にしみません。

実際に目薬を使って、犬の目からごみを取るときは、次のように対応しましょう。

①まず、犬の頭を押さえ、目薬を頭の後方から数滴、垂らします。
②目薬の液体を動かして目じりにごみや毛を寄せ、コットンや麺棒などで優しく拭き取ります。


犬専用の目薬を使えば、安心・安全に犬の目をケアできます。

犬の目が傷付くかも! 犬の目の汚れを取るときに使ってはいけないもの

犬の目が傷付くかも! 犬の目の汚れを取るときに使ってはいけないもの

犬用の目薬がないから、ピンセットで取ってしまおう。こんなまねは、絶対にしないでください。犬がいきなり暴れて目をひどく傷付ける危険性があり、炎症を起こす原因にもなります。

ペーパータオルやティッシュを使って取るのも絶対にやめましょう。繊維が荒いので、犬の目を傷付けてしまいます。

普段から小まめなケアをして、犬の目を守ろう

普段から小まめなケアをして、犬の目を守ろう

目薬を使っても、犬の目に入ったごみや毛がなかなか取れない場合は無理に家で取ろうとはせず、動物病院で取ってもらうのがいいでしょう。毛が長い犬種は目に毛やごみが入りやすいので、普段から定期的にトリミングなどをして目の周りの毛をカットしてもらうのもよいかもしれません。そしていつでも使えるよう、犬用の目薬も常備しましょう。備えあれば憂いなしです。目薬があればもしものとき、重宝します。

犬の目は、飼い主を見つめてくれる大切なからだの一部。 だからこそ、しっかり犬の目をケアしていきたいものです。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING