犬の目やには病気のサイン?目やにの色で分かる症状の違いと危険度

愛犬に目やにがあったとき、その色までしっかり気にしてみたことはありますか?実は、犬の目やには病気のサインとなることがあります。

犬の目やにの色が【黒、茶色】の場合

黒や茶色の目やには、基本的には病気などを心配する必要はありません。

自然と分泌される涙に、多少の老廃物や汚れ、タンパク質などが混ざり合うことでこういった色になります。

ただし、そのままにしてしまうと涙やけの原因になったり、ニオイの元になるのでこまめに拭きとるようにしましょう。

犬の目やにの色が【白、グレー】の場合

薄いグレーや白の目やにも、基本的には心配する必要がありません。涙に脂質やタンパク質が混ざった正常な分泌物だと考えて構いませんが、白い目やにに強い粘りがある場合や、急激に量が増えていくようであれば、目の病気の初期症状である可能性があるので経過をよく観察して下さい。

犬の目やにの色が、【黄色、緑】の場合

要注意なのが、黄色や緑色がかった目やにです。

粘度の高い白の目やにから黄色に変化したり、緑色の目やにが出るようであれば、すぐに動物病院へ行くようにしましょう。

このような色の場合、菌が繁殖していて膿になってしまっていると考えられ、結膜炎や緑内障など、目の病気が疑われます。

目やにが急激に増えた時は動物病院へ

色をチェックして問題がなさそうでも、ある日急に目やにが増えた、1時間ごとに拭き取らないとすぐに汚れる、などという状況であれば獣医師に相談して下さい。

また、目やにが増えるとともに目が充血しているようであれば、角膜に傷がついていたり炎症が起きている可能性が高いので、できるだけ早く動物病院で診てもらうようにしましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING