犬だって「ものもらい」に感染する!愛犬がマイボーム腺炎を発症してしまう原因

ものもらいと聞くと人間がかかるイメージがありますが、実は犬もかかる病気。犬のものもらいも、人間のものもらいと同じようにまぶたが腫れ、目が開けにくかったり痛みが伴ったりと何かとつらい病気です。今回は、そんな犬のものもらいの原因や治療法について解説。愛犬がものもらいにかかったときはこの記事を参考に、すぐ対処してくださいね。

犬の「ものもらい」? マイボーム腺炎って、どんな病気?

ものもらいの正式名称は、「マイボーム腺炎」といいます。これは人間も犬も、同じです。

「マイボーム腺」とはまぶたの縁にあり、涙液の油成分を分泌することで涙液の蒸発を防いだり、まぶたの開閉の滑りを良くする働きをしているのですが、このマイボーム腺が分泌物などによる詰まりが原因で炎症を起こすことをマイボーム腺炎——通称「ものもらい」というのです。

犬がマイボーム腺炎を発症したときの症状

人間のものもらいと犬のそれに、大きな違いはありません。犬のものもらい(マイボーム腺炎)もまぶたの縁に赤いニキビのようなものができたりまぶたが腫れたりして、涙や目やにが出たり痛みが生じたりすることがあります。

ものもらいで痛みを伴うと犬自身が気にして目を前足でこすったり、近くにあるもので目をどうにかこすったりしようとします。この行動はものもらいにかかっている場合に限ったことではありませんが、人間も目がかゆいときに「触るな、我慢しろ」とよく言われるように、犬にとっても目をこする行為は、炎症がひどくなったり角膜を傷付けたりと二次的な症状が起こるおそれがあるため危険です。

マイボーム腺炎に犬が感染してしまう原因

ものもらいの原因は、マイボーム腺に黄色ブドウ球菌などの細菌が入り込んで炎症が起きることにあります(複数のマイボーム腺が同時に炎症を起こすことも多いようです)。 本来は犬自体の免疫によって対処できることもありますが、犬が若年時であったり体調を崩していたりして免疫が弱まっていると、ものもらいにかかりやすいといわれています。

ものもらいはいわゆる、目の風邪のようなもの。通常、ものもらいは犬から犬への伝染はしないので、犬同士が原因になっていることはありませんが、ものもらいだからと油断せず、早期に治療することがベターです。

愛犬がマイボーム腺炎になったときの治療法

ものもらいは細菌感染が原因なので、治療としては抗生物質の内服薬や点眼薬、眼軟膏(がんなんこう)が使用されます。 治療方法も、人間のものもらい治療と似ています。

なお、たとえものもらいであっても症状がひどいときは、結膜の切開をし、マイボーム腺に詰まっているものを取り除く手術をする場合もあります。 ものもらいに限らず、どんな病気でも早期に治療することが大切ですね。

ものもらいの治療中は犬が目を気にして触らないよう、完治するまで、もしくはものもらいを気にしなくなるまで、“エリザベスカラー(傷口をなめないように首元につける保護具)“などを使用します。

ものもらいの原因は、先述のように免疫力が低いことも大きく関係しています。ものもらいを防ぐためにも、しっかりと丈夫な体をつくるための食事、運動、睡眠を心掛けましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING