犬の涙や目やにの原因は?老廃物が体に溜まっている犬に見られがちな症状

普段より犬の目やにが多かったり涙が出ていたりすると、飼い主として気になってしまうもの。実は、目やにや涙は犬の体の中に老廃物が溜まっているサイン。何らかの病気にかかっている可能性があります。犬の目やにや涙の原因、そしてその対策方法について、しっかり把握しておきましょう。

目やにの色が白や灰色、茶色だった場合

まず、犬の目に付いた目やにの色を、よく観察してみましょう。もし、白や灰色、茶色なら心配無用です。ホコリや地面のちりなどが犬の目に付いて溜まっている状態だからです。犬の顔は地面から近いので、どうしてもちりなどが目に溜まってしまいがち。そのままにしておくと衛生的に良くないので、濡れタオルやガーゼなどで優しく拭いて、取り除いてあげましょう。

もし、目やにの色が緑や黄色だったら……

一方、目やにの色が緑色や黄色の場合は、要注意。緑色は、角膜炎や結膜炎によって目やにが出ている可能性があります。また、目やにだけではなく、目が腫れていたり、充血したりしている場合、炎症を起こしている可能性がかなり高いといえます。

黄色い目やにが出ているときも、同じくウイルスや菌による感染が起きている可能性が大。炎症が起き、膿が発生して目やにが出ている状態なので、早急に動物病院へ連れて行く必要があります。

目の下が涙で濡れている原因は……?

では、犬の目に涙が溜まっている原因は何でしょうか? 目の下の毛が濡れた状態にあり、毛が変色しているのは、「涙やけ」と呼ばれています。通常、涙は涙管を通っていき鼻に流れていくので、涙が目から溢れ出ることありません。しかし、涙管が詰まってしまうと、鼻に流れていかず目から溢れ出てしまい、涙やけが起きてしまいます。

涙やけは、シーズー、マルチーズ、トイプードルなどの小型犬によく見られる症状です。次のようなことが原因で涙やけを起こしていることが考えられます。

・逆まつ毛で毛が目の中に入り、刺激を与え、炎症を起こしている。
・ドライフードなどの食べ物の影響で涙管が詰まってしまう。
・角膜炎や結膜炎といった目の炎症を起こしている。
・生まれつき涙管が細い、あるいは涙を排水する穴が閉じている可能性がある。

涙やけはそのまま放置しておくと雑菌が入り込み繁殖して、重い細菌感染症を引き起こす原因にもなります。早めに獣医師に診てもらいましょう。

食生活の見直しで、愛犬の体の中から改善!

涙やけを防止策は、何といっても、犬の食事と生活スタイルを見直すことにあります。食事や運動不足が原因で犬の体に老廃物が溜まっているからです。もちろん、食事を変えるだけで治すことはできませんが、改善はできます。

涙管を詰まらせる食べ物は、分解できなかった老廃物やたんぱく質などです。ジャーキーの与え過ぎや添加物が多く含まれたドライフード、甘いおやつが原因になっている場合もあります。食生活を見直してみるのもいいかもしれません。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING