【獣医師監修】犬の涙や目やにの原因と理由は老化!?角膜炎や結膜炎、涙やけに要注意!

普段より犬の目やにが多かったり涙が出ていたりすると、飼い主として気になってしまうものです。目やにや涙があまりに多いときは、目の病気が疑われます。犬の目やにや涙の原因、そしてその対策方法について、しっかり把握しておきましょう。

【獣医師監修】犬の涙や目やにの原因と理由は老化!?角膜炎や結膜炎、涙やけに要注意!
出典 : iStock.com/mraoraor

「犬の涙や目やに」【原因】【理由】

「犬の涙や目やに」【原因】【理由】

lienjp / PIXTA(ピクスタ)

犬の目やには、老廃物と目を保護している粘液が混じりあってできています。

通常、犬が瞬き(まばたき)をするときに涙で流れますが、就寝時は瞬き(まばたき)をしないので、寝起きに目やにが残ることがあります。

寝起きに目やにが残ることは、通常、問題ありません。

濡れタオルやガーゼなどで優しく拭いて、取り除いてあげましょう。

「犬の涙や目やに」【多い】角膜炎や結膜炎の可能性あり!

「犬の涙や目やに」【多い】角膜炎や結膜炎の可能性あり!

アオサン / PIXTA(ピクスタ)

犬の目やにがたくさん出ているときは要注意です。

角膜炎や結膜炎によって目やにが出ている可能性があります。

また、鼻炎によって、目と鼻をつなぐ鼻涙管の流れが悪くなり、涙や目やにが溢れてくることもあります。

このような場合は早急に動物病院へ連れて行く必要があります。

「犬の涙や目やに」【涙が増える原因】

「犬の涙や目やに」【涙が増える原因】

iStock.com/kyoobit

涙が増える一番の原因は、目への刺激です。

この場合、角膜炎、結膜炎、異物の混入などが考えられます。

また、目やにの説明でも挙げた鼻涙管の流れが悪くなることによっても涙は増えます。

鼻炎などのほか、生まれつき鼻涙管が細かったりなかったりする場合も目から涙が溢れてしまいます。

「犬の涙や目やに」【涙やけ】

「犬の涙や目やに」【涙やけ】

tapanuth- stock.adobe.com

犬の目の下の毛が涙で変色している状態を「涙やけ」といいます。

色の白い犬では、赤茶色に変色するため、目立つ傾向がありますが、これ自体は病気ではありません。

しかし、皮膚が涙で濡れたままにしておくと、皮膚炎を起こすこともありますので、こまめに拭いてあげるといいでしょう。

犬の涙の診察

iStock.com/Remains

愛犬の涙やけがあまりにひどい場合は、涙の量が多い可能性があるので、涙が増える原因がないかどうかを確認してください。

みんなのコメント

預けたり入院をするとさん
急激に凄い緑黄色の目やにが目を覆って終う程になり、免疫も全て落ちオチンチンからも膿が、精神的に不安定な子なので家に戻り抗生劑入りの目薬で治します。普段は毎日、ビタミン目薬とルティンサプリを飲ませて居ますが、不安にさせると直ぐ黄緑色の酷い目やにが出ます。 なので、入院も預ける事も出来ません。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING