犬が水を飲まない?水を飲む量が足りないときに考えられる理由と対処法

犬は一日にどのくらいの量の水を飲んでいるか、知っていますか? 人間と同じように、犬は一定量の水を飲まないと水不足になって脱水症状を引き起こし、体の機能が低下します。今回は、犬に水の量が足りていないときにすべき工夫をお伝えします。

犬が水を飲まない理由は?

犬が水を飲まないのは、内臓の病気、骨などの異常による痛み、高齢といった犬の体調による場合や、気温が低くて喉が乾かない、水がおいしくないから飲まないといった環境による場合など、その理由はさまざまです。皮膚病や目やに、涙やけがひどい、耳の中が汚れておりとても臭い……という症状が出ているのであれば、犬が水を飲まないことによって代謝が落ち、老廃物の排泄がうまくいっていないことが考えられます。

また、食事面から見ると、普段の餌がドッグフードではなく手作りご飯の場合、食品に水分が含まれているため、犬があまり水を飲まないこともあります。

犬に必要な水の量を上手に調整する

犬は一日にどのくらいの水を取ればよいのでしょうか?

生活環境や運動量によって多少変わりますが、目安として体重が2キロで約200ミリリットル、5キロで約400ミリリットル、10キロで約700ミリリットルが必要だといわれています。なお、この必要量は水だけではなく、食事の際に取る水分を加えた総量。まずは、飲むための水や食事に使う水を500ミリリットルのペットボトルに入れて、一日の水分量を測ってみるとよいでしょう。

犬も体調によっては、水を飲まない日もあります。そんなときは、犬の一日の水分量を調整するために、食事の時間を有効利用しましょう。
※例:腎臓結石を患っている犬は、あまり水を飲まない傾向があります。

野菜や鶏肉を煮込んだスープをドライフードにかけてあげると、簡単に水の量を増やせます。スープのおいしそうなにおいで、いつものご飯でも犬は大喜びするはず。これで、水を飲まない犬にも水を取らせることができますね。

水のかわりに「ヤギミルク」がおすすめ

いろいろな手を打っても水を全く飲まない場合、犬にとって良質でお腹にも優しい「ヤギミルク」がおすすめです。手に入れやすく取り扱いが楽なのは、ヤギミルクパウダー。そのまま、餌に振りかけられますが、水が不足している犬に与える場合は、ぬるめのお湯で溶いてあげるといいでしょう。

普段、あまり水を飲まない犬が「ヤギミルクだと、がぶがぶ飲んだ!」という声も聞きます。ヤギミルクは栄養が豊富なので、1歳未満の子犬や夏バテしている犬、シニア期の犬にもぴったりです。

犬の水は命の水

水を飲まない、餌も食べないとなると、そろそろ寿命が近い……ということも想定されます。もちろん、飲まないのではなく、病気で飲めない、というケースは当てはまりません。シニア犬でも元気なうちは水をよく飲みますが、余命わずかになると、湿ったガーゼで水を口元に付けてあげても飲まないのです。最期は、犬も水を飲まずに旅立ちます。

普段、何気なく飲ませている犬の水。犬が水を飲まない理由が健康上の問題ならば、早急に対処しなければなりません。大切な愛犬の健康のためにも、一日に必要な水分量を把握し、犬に飲んでもらう工夫もしながら、目標量の水を飲ませてあげましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING