<スコティッシュ・テリア>歴史やカラダ・性格などの特徴【JAHA家庭犬しつけインストラクター監修】

口ひげを蓄えたような表情と、短い足でちょこちょこと歩く姿が人々を魅了するスコティッシュ・テリア。世界中で愛されている人気犬種の一つです。スコティッシュ・テリアの特徴や性格、飼い方などについて紹介します。

<スコティッシュ・テリア>歴史やカラダ・性格などの特徴【JAHA家庭犬しつけインストラクター監修】
出典 : Eve Photography/Shutterstock.com
先生にお聞きしました
保久(やすひさ)留美子 先生
公益社団法人日本動物病院協会(JAHA)認定

家庭犬しつけインストラクター CPDT-KA

【保有資格】
公益社団法人日本動物病院協会(JAHA) 認定 家庭犬しつけインストラクター
◆米国ペットトレーナーズ協会 認定 CPDT-KA
日本ペット栄養学会 認定 ペット栄養管理士
動物看護師統一認定機構 認定 動物看護師
◆日本ペットカウンセラー協会 認定 パラカウンセラー
日本アニマルウェルネス協会 認定 ホリスティックケアカウンセラー

◇環境省主催「動物適正飼養講習会」講師
◇北海道動物愛護管理研修会 講師
ペットシッター養成講座 講師
◇動物介在活動、動物介在教育
◇動物病院スタッフ向けのセミナー 講師

犬との豊かな暮らしを求めて、20年前に北海道へ移住。
美瑛で犬猫たちと自然を満喫しながら同居中。
現在、道内に4つの病院を構える緑の森どうぶつ病院にて、道内初のJAHA認定家庭犬インストラクター等の資格を活かして勤務。

動物病院の待合診療統括マネージャーとして、「飼い主目線でどうぶつを観る」を心掛け、飼い主さんと病院の橋渡し役を担当。

自身も5頭の犬を見送り得た「経験」と、動物病院という現場で得た「臨床知識」から出した結論は、『そのコを想い、そのコのためにと飼い主が考えしてあげることが、そのコの望んでいること』。

また、しつけの分野においては、たんにその域に留まらず、動物の一生のなかでさまざまなタイミングで携われるような立場になれることを願って、従来の経験と勘だけに頼らない、最新の動物行動学と行動分析学をふまえた指導を心がけている。
続きを読む

<スコティッシュ・テリア>歴史

<スコティッシュ・テリア>歴史

Robert Wedderburn/ Shutterstock.com

スコティッシュ・テリアは、その名の通りイギリス・スコットランド原産の犬です。

祖先犬は、ケアーン・テリアなどと同族のスコットランド土着のテリアだと考えられています。

おもにアナグマやカワウソの猟で活躍していた犬です。

スコティッシュテリアの先祖

seroma72/ Shutterstock.com

1800年代後半まで、スコットランド出身の小型テリアはすべて「スコティッシュ・テリア」と呼ばれていましたが、各犬種のオーナーたちによって、どの犬が「スコティッシュ・テリア」と呼ぶにふさわしいか決めようと議論するようになります。

最終的に、その名前を与えられたのが、現在のスコティッシュ・テリアの先祖であると言われています。

スコットランドを代表するスコティッシュ・テリア

Pereslavtseva Katerina/ Shutterstock.com

その後、1880年に最初の犬種標準が制定され、1934年、イギリス・ケネルクラブに正式に登録されました。

アメリカ大統領フランクリン・ルーズベルトの愛犬として飼われていたことから人気者になった、スコットランドを代表する犬種です。

日本でも可愛がられたスコティッシュ・テリア

Debra Anderson/ Shutterstock.com

ウォルト・ディズニーは、映画「わんわん物語」の中で、この犬種を「思慮深く血統を大事にする犬」として描き、世界中にスコティッシュ・テリアの知的で頑固で優しいイメージを広めました。

日本に持ち込まれたのは戦前と言われており、日本ではおもに上流階級のお座敷犬として可愛がられていたようです。

<スコティッシュ・テリア>カラダや顔の特徴

<スコティッシュ・テリア>カラダや顔の特徴

Radomir Rezny/ Shutterstock.com

スコティッシュ・テリアの体高の平均は25cmで、メスはオスよりもやや小さい個体が多いようです。

体重は8~10kg程度が理想とされています。

足が短く、頭が大きいのがスコティッシュ・テリアの特徴です。

また、筋肉質のしっかりした体躯をしています。

改良されたスコティッシュテリア

Ondrej Prosicky/ Shutterstock.com

「テリア」の意味でもある「地面」を掘ったり、巣穴にもぐったりして獲物を捕まえるために体高は低く、太めでほどよい長さの尻尾は、飼い主が巣穴に入り込んだスコティッシュ・テリアを引きずり出しやすくするために改良されたと言われています。

被毛はダブルコートで、密集したアンダーコートと、硬いワイヤー状のオーバーコートが特徴です。

スコティッシュ・テリアの毛色

Nixx Photography/ Shutterstock.com

毛色はブラックやブリンドル、グレー、ウィートンがあります。

顔は、長めの頭部に眉毛と頬ひげのような飾り毛があるのが特徴で、この飾り毛から老成した哲学者のような独特の雰囲気をただよわせています。

<スコティッシュ・テリア>性格の特徴

<スコティッシュ・テリア>性格の特徴

ArtdayAnna/ Shutterstock.com

スコティッシュ・テリアは大変活発な性格で、人間に対しては友好的に接することができます。

また、負けん気が強い、プライドが高い、頑固で勇敢といった、典型的なテリア気質もあわせ持っています。

他の犬などには警戒心をむき出しにしたり、攻撃性が強く出たりすることがあるので、他の犬や動物との接触には気をつけましょう。

スコティッシュ・テリアのしつけ

Robynrg/ Shutterstock.com

スコティッシュ・テリアは自尊心が強く、頑固で負けず嫌いなので、しつけは簡単ではありません。

お互いの信頼関係を築きながら、根気よくしつける必要があります。

噛み癖がつきやすいスコティッシュ・テリア

Stephm2506/ Shutterstock.com

吠えて噛むことが仕事だった歴史があるので、吠えグセや噛み癖がつきやすい犬種です。

飼いたい場合は、飼っている人の話を聞いたりして、事前に念入りな情報収集することをおすすめします。

みんなのコメント

シェルティ派さん
スコティッシュテリア、知的で品がありますね。 おじいちゃんぽい外見?もとてもかわいい。 外国の歴史もからんでるところが興味深いです。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の種類・品種」の人気記事RANKING