【獣医師監修】犬の乳首(乳腺)にしこり、腫れがある。考えられる原因や症状、おもな病気は?

いつものように犬のお腹を撫でているとき、乳首(乳腺)のあたりに「しこり」みたいなものを感じたら、どんな異常があるのか気になると思います。飼い主として、少しでも早く気づきたい乳腺のしこりについて、その原因や考えられる主な病気について解説します。

先生にお聞きしました
小林 豊和 先生
グラース動物病院院長、帝京科学大学生命環境学部 准教授(獣医師・獣医学博士)

日本大学大学院獣医学研究科修了 博士(獣医学)

【資格】
獣医師

【所属】
公益社団法人 東京都獣医師会杉並支部 会員
JPMA(社)日本ペットマッサージ協会 理事
ペットシッタースクール(ビジネス教育連盟) 講師
ペット栄養管理士(日本ペット栄養学会認定)
日本獣医皮膚科学会 会員
日本小動物歯科研究会 会員
日本ペット栄養学会 会員
◆産業カウンセラー(一般社団法人 日本産業カウンセラー協会認定)
◆ヒューマン・アニマル・ネイチャー・ボンド(HANB)教育マスターインストラクター(日本ヒューマン・アニマル・ネイチャー・ボンド・ソサエティ認定)

「最良のホスピタリティと獣医療を提供する」をミッションに、地域や飼い主のニーズに応えている。
犬の食事についての造詣も深い。

【著書】
イラスト、写真でよくわかる 愛犬の育て方~選び方・しつけ・飼い方・健康管理~」(新星出版社)
年をとった愛犬と幸せに暮らす方法」(WAVE出版)
愛犬健康生活BOOK 5歳からはじめる病気と介護」(主婦と生活社)

【監修】
愛犬の介護ガイドBOOK」(文化出版局)
ほか



続きを読む

「犬の乳首(乳腺)」しこり【考えられる原因】

犬の乳腺(乳首)にしこりがある【考えられる原因】

PixieMe/ Shutterstock.com

犬の乳首(乳腺)のしこりにはさまざまな原因があります。

どのような原因があるのか、ここで、見ていきましょう。

「犬の乳首(乳腺)」しこりの原因①【乳腺の腫瘍】

「犬の乳首(乳腺)」しこりの原因①【乳腺の腫瘍】

iStock.com/huseyintuncer

犬には、正常な状態であれば胸部から腹部にわたって4〜5対の乳頭があります。

乳腺に出来た腫瘍を「乳腺腫瘍(にゅうせんしゅよう)」と呼びますが、腫瘍には大きく悪性と良性があります。

乳腺腫瘍は中高齢の犬に多い病気ですが、初回発情前後に不妊手術を受ければ乳腺腫瘍の発生率をほとんどゼロに抑えられると言われています。

また、脂肪腫などの皮膚腫瘍が乳腺の近くにできることもあります。

「犬の乳首(乳腺)」しこりの原因②【生理現象・ホルモンの影響】

「犬の乳首(乳腺)」しこりの原因②【生理現象・ホルモンの影響】

iStock.com/Firn

メス犬の発情期や偽妊娠(妊娠していないのに妊娠したような徴候が見られる心身症状)、妊娠の時には乳頭周囲が腫れるので、しこりと間違えてしまうことがよくあります。

発情期を迎えた時に妊娠しなければ、程度の差こそあれ、70%くらいの確率で偽妊娠になります。

また偽妊娠では母乳も作りだされるため、それらが溜まって乳腺炎を引き起こす可能性も出て来ます。

発情期や偽妊娠が収まっても、しこりがあるのを感じるようなら、病気を疑う必要があります。

犬の乳首(乳腺)にしこりがあったら念のため早めに病院で診てもらいましょう。

「犬の乳首(乳腺)」しこりの原因③【外傷】

「犬の乳首(乳腺)」しこりの原因③【外傷】

iStock.com/PongMoji

切り傷や擦り傷、打撲などの症状のひとつとして、皮膚が硬結(こうけつ)し、しこりのようになることがあります。

「犬の乳首(乳腺)」しこり【この症状で考えられる主な病気】

「犬の乳首(乳腺)」しこり【この症状で考えられる主な病気】

iStock.com/Paolo_Toffanin

犬の乳首(乳腺)にしこりができる要因はさまざまです。

ここで、主な病気を見ていきましょう。

「犬の乳首(乳腺)」主な病気①【乳腺腫瘍】

「犬の乳首(乳腺)」主な病気①【乳腺腫瘍】

WilleeCole Photography/ Shutterstock.com

犬の乳腺腫瘍(にゅうせんしゅよう)」とは、乳腺に腫瘍ができる病気です。

性ホルモンが関係しているとされ、乳腺にしこりができ、痛み等は伴わずにゆっくり大きくなっていきます。

しこりは1つだけとは限らず、複数発見されることも多くあります。乳腺のしこりの約50%〜70%は良性腫瘍と言われています。

「犬の乳首(乳腺)」主な病気②【偽妊娠(想像妊娠)】

「犬の乳首(乳腺)」主な病気②【偽妊娠(想像妊娠)】

iStock.com/thisislover

「犬の偽妊娠(ぎにんしん)」とは、妊娠していないにも関わらず、性ホルモンの影響で妊娠したような状態になります。

乳腺が発達し乳汁を分泌することによって乳腺にしこりが見られることがあります。

巣作り行動を見せたり、攻撃的な行動をとることもあります。

「犬の乳首(乳腺)」主な病気③【乳腺炎】

「犬の乳首(乳腺)」主な病気③【乳腺炎】

skrotov/ Shutterstock.com

「犬の乳腺炎(にゅうせんえん)」とは、母乳を分泌する乳腺が炎症を起こし固く張る病気で、細菌感染や乳汁の過剰分泌が原因です。

偽妊娠状態や授乳期の発症が多く、しこりや痛みに加え、分泌物が出たり、発熱や食欲不振が起きることもあります。

その他、犬の脂肪腫瘍などさまざまな皮膚腫瘍が考えられます。

「犬の乳首(乳腺)」しこり【まとめ】

「犬の乳首(乳腺)」しこり【まとめ】

iStock.com/redstallion

犬の乳首(乳腺)にしこりができる原因や病気は色々あります。

乳腺の腫瘍が悪性の場合には、愛犬の命にも関わりますので、自己判断せずに、早めにかかりつけの獣医師に診てもらいましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「症状」の人気記事RANKING