【獣医師監修】「犬は飼い主にしゃべりかけている!?」犬の鳴き声(遠吠え)の意味や種類は?

「犬の気持ちがわかったらいいのに」「犬と話せたらいいのに」、そう思う飼い主は多いでしょう。犬は仕草よりも吠えることで、人とコミュニケーションを取ろうとします。しかし、吠えるたびに対応していると、「吠える=いいことがある」と学習してしまうため、注意が必要です。ここでは、犬の鳴き声について解説します。

【獣医師監修】「犬は飼い主にしゃべりかけている!?」犬の鳴き声(遠吠え)の意味や種類は?
出典 : iStock.com/primeimages

犬の鳴き声①【何かを要求】したいとき

犬の鳴き声①【何かを要求】したいとき

Sutichak / PIXTA(ピクスタ)

「ワンッ、ワンッ」

「キュンキュン」

「クゥーン」

「遊んで欲しい」「おやつが欲しい」「散歩に行きたい」「こっちに来て」など、犬は飼い主に様々なことを要求します。

要求の鳴き声を出す犬

iStock.com/Iuliia Zavalishina

このようなときに発せられる鳴き声には上記のようなものが挙げられますが、

「今まで一番効果的だった鳴き声=過去に要求が通った鳴き声」

を多用します。

犬の鳴き声②【異変】を知らせたいとき

犬の鳴き声②【異変】を知らせたいとき

alho007- stock.adobe.com

「ワンッ、ワンッ」

番犬としての使命がある犬は、侵入者の存在や、群れの異変などを吠えることで飼い主に知らせます。

ただ、不安で威嚇(いかく)している犬とは違い、自信に満ちた様子で吠えます。

犬の鳴き声③【痛い・苦しい】とき

犬の鳴き声③【痛い・苦しい】とき

iStock.com/cynoclub

「キュウゥーン」

「キャンッ」

「キャイーン」

犬がソファから飛び降りて転んだり、犬同士がじゃれて噛み付き合ったりしているときに、このような鳴き声を聞いたことはないでしょうか?

これらは、痛みがあるときの鳴き方です。

犬の鳴き声④【威嚇】しているとき

犬の鳴き声④【威嚇】しているとき

brightpolina- stock.adobe.com

「ウー」という低い唸(うな)り声

「ウー」と唸(うな)りながら「ワンッ」と低い声で吠える

「ウー」と歯をむき出しにしながら唸(うな)る

こういうときの犬は何かに怯(おび)えたり、不安になったりしていて、身を守るために攻撃的になっています。

手を出すと噛まれる危険もあるので、注意が必要です。

犬の鳴き声⑤【遠吠え】(番外編)

犬の鳴き声⑤【遠吠え】(番外編)

iStock.com/Автор

犬の遠吠えは、基本的には犬同士のコミュニケーションツールです。

そのため、人に向かって行っているわけではなく「どこかで遠吠えや遠吠えのような音が聞こえたから呼応した」ということが多いです。

犬が遠吠えをしたときに飼い主が構ってくれたなどの経験があると、飼い主の関心を引く行為として行うこともあります。

犬の鳴き声【まとめ】

犬の鳴き声【まとめ】

iStock.com/dageldog

本来、犬は「仕草」で気持ちを表現し、コミュニケーションを取ってきました。

犬の祖先であるオオカミは群れでのコミュニケーションに「吠える」という方法はほとんど用いず、仕草で伝えます。

吠えるのは、威嚇(いかく)のときや遠吠えくらいでしょう。

しかし、仕草では人に伝わりにくいので、「吠える」という方法を選んだのです。

犬に仕草から気持ちを感じ取る

satoko*- stock.adobe.com

吠える声ではなく、犬の仕草から犬の気持ちを感じとってあげることで、頻繁に吠える犬も静かに過ごせるかもしれません。

みんなのコメント

たーのさん
1歳6か月のミニチュアダックスを飼っています。餌の時間や帰宅、外出時などに甘えなき、吠えが始まり困っています。マンションなので隣戸に迷惑をかけいないか心配でもあります。放っておくこともできずに、いけないこととは感じつつ、ダメって叱ったりしています。何かいい対策、アドバイスをお願いします。
構ってちゃん♪さん
愛犬トイプーは11歳メスです。おっとりしていて人懐っこいです。そして、お散歩が嫌いでトボトボ嫌々歩きし家が近づくと早足になります。他の犬に無関心で人から声掛けしてもらうと愛想よく甘えます。構って欲しい時は近くに来て口をペチャクチャ鳴らします。手を出してきて作業を止めさせたりオモチャを持ってきます。嬉しい時は、お話しする様にグーグー豚さんの声の鼻鳴ししで、今日ワンコがお留守番し家族が帰宅すると過呼吸の様になったそうで調べました。聞いてみるとグーグーが普段よりも多かった様です。わたしが帰宅する時はワザと知らん顔で好き避けする事があったりします。子犬の頃から飼い主に歯を剥いたり怒ったりは一切しない、お利口さんです。本当に、ずっと長生きして欲しいです。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「犬の飼い方・しつけ」の人気記事RANKING