【獣医師監修】イングリッシュ・セッターの魅力と特徴まとめ 人が好き! 犬が好き! 

イングリッシュ・セッターの名前の由来は、見つけた獲物の前で飼い主に知らせる手段としてしゃがみ込む「setting=セッティング」から来ているといわれています。優秀な狩猟犬であり、子どもを含めた人間が大好きで大人しい性格のイングリッシュ・セッターの特徴と魅力についてお伝えしていきます。

正真正銘の狩猟犬の血を引くイングリッシュ・セッターの特徴

広大な領地での狩りをする場面で、スピードを落とさずに長時間走ることができるように作られたイングリッシュ・セッターは、正真正銘の狩猟犬の血統を引いた犬種として、またすぐれた運動能力をもつアスリートのような特徴がある犬種です。

自信に満ちたように顔を上げ、踏みしめながらも軽々としたリズムで歩く姿は、全体的に優雅な雰囲気を漂わせています。

しかし、一旦走り出せば風のように速く、獲物を見つけた時は騒ぎ立てることもなく静かに座りしっぽを上に挙げている姿は感動すら覚えます。

イングリッシュ・セッターの平均的な体重は、25~30kg程です。

体高は、61~69cmくらいとされています。無駄のない筋肉に覆われた身体で引き締まっています。

イングリッシュ・セッターの被毛は絹状でやや波打っています。

胸、耳、大腿部、四肢などには、羽根のような飾り毛があります。

毛色は、キャンバスに絵の具をこぼしてばら撒いたような、独特の「ベルトン」という柄が特徴的です。

白地に黒や茶などの小さな斑点があるものや、地色に白が細かく混じったものなどを差します。

イングリッシュ・セッターの歴史

イングリッシュ・セッターの起源については詳細な記録はないそうですが、イングリッシュ・セッターの祖先はセッティング・スパニエルだと考えられています。

スパニエル系の犬たちの中に、獲物を見つけるとその場に静かに座り込み、猟師に知らせようとする犬が現れ、この「しゃがみ込む」の英語である「setting=セッティング」が語源となって、セッティング・スパニエルの名がついたようです。

現在のイングリッシュ・セッターを作り出したのは、イギリスのブリーダーである、エドワード・ラヴェラックであり、優秀な猟犬として、今でもたくさんのイングリッシュ・セッターが現役で働いています。

人懐っこくて大人しい性格が特徴的なイングリッシュ・セッター

イングリッシュ・セッターは、とても人懐っこく大人しい性格をしています。小さな子どもや他の犬とも仲良くでき、穏やかで優しい性格が特徴です。

一方で、現代でも実際の狩猟でも使われるだけあって、活発さ・力強さや逞しさ、忍耐力を持っています

しつけもとても入りやすく、すばらしい家庭犬となるでしょう。

イングリッシュ・セッターの寿命はどれくらい?

イングリッシュ・セッターの平均寿命は12~13歳程度とされています。

愛犬に出来るだけ長生きしてもらうには、普段からの健康管理が大切です。

日頃からスキンシップをたくさん取って、体調や精神的なちょっとした変化を見逃さずにしてあげてください。

イングリッシュ・セッターの特徴的な病気は?

イングリッシュ・セッターは、遺伝的に先天性難聴や、進行性の網膜障害が起きやすいといわれる犬種です。
名前を呼んでもこちらを向かない、物のつまづく、というような様子がよく見られるような場合は、耳が聞こえづらい、眼が見えにくいということが起きているかもしれません。

また、大型犬に多いといわれる「股関節形成不全症」が起きることがあります。成長期に多く発症するので、1歳から2歳の間にレントゲン検査などを受けておくと安心です。遺伝的要因だけではなく、環境要因もあり、発症予防のためには、太らせないようにすることも大切です。良質な食事と適切な運動で、股関節を支える筋肉を強化することも重要です。

イングリッシュ・セッターと楽しく暮らすための飼い方とは?

イングリッシュ・セッターはもともと狩猟犬だったので、飼い主と一緒に作業をするのが大好き!

ですから、お散歩も飼い主さんとの共同作業ですから、犬たちは「待ってました!」とばかりにウキウキすることでしょう。

運動量が豊富な犬種ですから、毎日少なくとも2回程度の運動やお散歩をしてあげてください。お散歩途中に小走りになってみたり、ゆっくり歩いて「今日は良いお天気だよね」などとたくさん話しかけ、楽しい時間を過ごしましょう。

どの犬種にも言えることですが、犬たちは感受性が豊かで私たち人間の感情を鋭く読み取ってくれます。

日頃から、良くコミュニケーションを取っておくことで、「やって欲しいこと・止めてほしいこと」などのしつけについても伝わりやすくなります。

イングリッシュ・セッターの被毛は、柔らかい長毛で毛玉ができやすく絡まりやすいので、散歩から帰ったら5分でも良いですから毎日ブラッシングをしてあげましょう。

コームなどで、胸や脚などの飾り毛のもつれも取っておくことをお勧めします。

イングリッシュ・セッターの特徴まとめ

運動能力に長けていて凛々しいかと思えば、やさしく穏やかな一面もあるイングリッシュ・セッターとの暮らしは、きっと楽しいに違いない!

イングリッシュ・セッターは、お子さんと一緒に犬との生活を楽しみたい方や、多頭飼育をされたい片、アウトドアを愛犬と一緒に楽しみたいという方にはピッタリの犬種でしょう。

みんなのコメント

さとちゃんさん
イングリッシュセッターを愛護センターから譲り受けました。とても利口なわんちゃんです。長生きしてほしいです

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING