【獣医師監修】犬が突然倒れた。考えられる原因や症状、おもな病気は?

散歩中に犬が突然倒れたら、驚く飼い主が多いと思います。痙攣(けいれん)や嘔吐(おうと)が伴った場合には、病気も心配になるかもしれません。今回は、犬が突然倒れてしまう原因や考えられる病気について解説します。

先生にお聞きしました
小林 豊和 先生
グラース動物病院院長、帝京科学大学生命環境学部 准教授(獣医師・獣医学博士)

日本大学大学院獣医学研究科修了 博士(獣医学)

【所属】
公益社団法人 東京都獣医師会杉並支部 会員
JPMA(社)日本ペットマッサージ協会 理事
ペットシッタースクール(ビジネス教育連盟) 講師
ペット栄養管理士(日本ペット栄養学会認定)
日本獣医皮膚科学会 会員
日本小動物歯科研究会 会員
日本ペット栄養学会 会員
◆産業カウンセラー(一般社団法人 日本産業カウンセラー協会認定)
◆ヒューマン・アニマル・ネイチャー・ボンド(HANB)教育マスターインストラクター(日本ヒューマン・アニマル・ネイチャー・ボンド・ソサエティ認定)

「最良のホスピタリティと獣医療を提供する」をミッションに、地域や飼い主のニーズに応えている。
犬の食事についての造詣も深い。

【著書】
イラスト、写真でよくわかる 愛犬の育て方~選び方・しつけ・飼い方・健康管理~」(新星出版社)
年をとった愛犬と幸せに暮らす方法」(WAVE出版)
愛犬健康生活BOOK 5歳からはじめる病気と介護」(主婦と生活社)

【監修】
愛犬の介護ガイドBOOK」(文化出版局)
ほか



続きを読む

犬が突然倒れた【考えられる原因】

犬が突然倒れた【考えられる原因】

mantinov / PIXTA(ピクスタ)

「犬が倒れる」といってもさまざまなケースがあります。

愛犬がつまづいたり、足がもつれて転んだことを「倒れた」と捉える飼い主もいるかもしれません。

犬が倒れたときは、倒れた後の様子だけでなく、倒れる際の状況や意識の有無も注意したいポイントです。

心臓発作

iStock.com/andresr

心臓発作

人間と同様、犬は「心臓発作」によって倒れることがあります。

「心不全」を起こし、循環する血液の量や酸素が不足がしていることもあるため、詳しく獣医師に診てもらいましょう。

「てんかん」のような脳のトラブル

てんかん発作が突然起こり、犬が倒れることがあります。

てんかん発作は、発作が収まるとケロリとしていることが多いのも特徴です。

ただし、てんかん発作は大きな病気のサインの可能性があるため、愛犬の発作を確認したら、早めに病院で詳しく調べてもらいましょう。

「てんかん」のような脳のトラブル

Yakobchuk Olena- stock.adobe.com

加齢

犬は人間と同じように、老齢になると筋肉の力が弱まったり、神経伝達が弱まることから、突然倒れることがあります。

犬が高齢になってきたら、階段の昇り降りや大きな段差の移動には注意してあげましょう。

骨や筋肉、関節のトラブル

犬が歩行時に転ぶ原因のひとつとして、骨や筋肉、関節などのトラブルが考えられます。

老犬や肥満の犬に多い関節炎や、脱臼・骨折などがおもな病気として挙げられます。

転んだときに意識はあることがほとんどで、何回も転ぶ、立ち姿勢で四肢が震える、動きたがらない、歩き方がおかしいなどの症状が見られます。

熱中症

AnnaFotyma- stock.adobe.com

熱中症

犬も人間と同様、「熱中症」にかかると突然倒れることがあります。

意識を失う失神からはじまり、昏睡に陥り、最悪の場合、死に至る危険もあるので、特に気温や湿度が高い夏場は注意しなければいけません。

犬が突然倒れた【こんな症状は要注意!】

犬が突然倒れた【こんな症状は要注意!】

iStock.com/gamelover

心臓や脳のほかにも、腎臓や肝臓、膵臓の疾患、免疫の疾患、腫瘍など、あらゆる病気が重篤な状態になれば、犬は倒れることがあります。

犬が突然倒れたら、念のため、病院で診てもらいましょう。

犬が突然倒れた【この症状で考えられるおもな病気】

犬の心不全

Madphotos / PIXTA(ピクスタ)

犬の心不全

犬の心不全(しんふぜん)とは、心臓の機能が低下し、正常な血液の循環ができなくなった状態です。

さまざまな心臓病のほか、過度の運動や肥満、出血等が原因となります。

呼吸困難や咳などが現れるほか、脚の浮腫や腹水が見られることもあります。

犬の特発性てんかん 

犬の特発性(とくはつせい)てんかんとは、痙攣(けいれん)や両手足の硬直などのてんかん発作を持つものの、その他に異常が認められない病気です。

犬のてんかんの多くは「特発性てんかん」です。

てんかん発作が5分以上続いたり、1日に何度も繰り返す場合は、緊急の処置が必要です。

すぐに獣医師へ相談しましょう。

犬の関節炎

iStock.com/o_sa

犬の関節炎

犬の関節炎(かんせつえん)とは、関節軟骨の炎症のため、関節に痛みが生じ、重症になると歩行障害が起きる病気です。

慢性の疾患ですが、症状に波があり、痛みがある時には動きたがらず足をかばって歩くようになります。

加齢以外に、肥満も関節炎の原因になるため、体重管理には十分に気をつけましょう。

犬の熱中症

犬の熱中症(ねっちゅうしょう)とは、体温が上がりすぎ、内臓や脳の機能不全が起きる病気です。

初期はパンティングやよだれ、頻脈などが現れ、悪化すると、血液の循環不全からけいれんや昏睡、散瞳が起こり、死に至ります。

特に気温が高い夏には、愛犬が熱中症にならないように、水などの飲み物をこまめに与え、水分補給に注意する必要があります。

以上の病気の他にも、病気が重篤な状態になれば、犬が倒れてしまうことがあります。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「症状」の人気記事RANKING