<ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア>歴史・性格特徴【JAHA家庭犬しつけインストラクター監修】

ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアは、その名の通り真っ白い被毛を持つやんちゃな小型犬です。愛称は「ウェスティ」で、ここ日本でも愛玩犬として安定した人気を誇っています。では、ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアはどのような犬なのでしょうか。

  • hotto編集部
  • 監修者:保久(やすひさ) 留美子先生 公益社団法人日本動物病院協会(JAHA)認定家庭犬しつけインストラクター、CPDT-KA

<ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア>歴史・性格特徴【JAHA家庭犬しつけインストラクター監修】
出典 : Be Good/Shutterstock.com

<ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア>歴史

<ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア>歴史

Nixx Photography/ Shutterstock.com

ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアの起源は、キツネやアナグマといった害獣の狩りを行っていたイギリスのスコットランドのテリア種です。

ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアは、19世紀にスコットランドのポルタロックという町の領主が作り出した白い「ポルタロック・テリア」と、同じく19世紀に作り出された「ローズニーズ・テリア」が祖先の犬種です。

ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアの祖先

Jagodka/ Shutterstock.com

この2犬種から最初に作り出されたのは「ケアン・テリア」という犬種です。

ケアン・テリアの毛色は黒やグレーがほとんどですが、ときどき白い毛色の子犬が産まれることがありました。

それをスコットランドのマルコム家が選択改良して、現在の「ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア」が生まれました。

愛玩犬であるウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア

Madebyindigo/ Shutterstock.com

ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアは、1908年にAKCに登録されドッグショーでも活躍するようになり、愛玩犬としても確固たる地位を確立するようになりました。

<ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア>カラダの特徴

<ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア>カラダの特徴

Maks Akinin/ Shutterstock.com

ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアは、純白の被毛を持つ小型犬で、細いキツネの巣穴にも入っていけるように改良された歴史を持っています。

標準的な体高は28cm前後、体重は7~10kg程とされています。

メスはオスに比べて小ぶりですが、オス同様に鋭い歯と力の強い顎を持っています。

ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアの被毛

Bogdanovich_Alexander/ Shutterstock.com

ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアの被毛は、硬いオーバーコートと柔らかいアンダーコートのダブルコート。トップコートは害獣に噛みつかれた時に身を守るために役立ちます。

また、しっぽは、キツネの巣穴から狩人が引っ張り出せるように改良されてこの長さになりました。

<ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア>性格の特徴

<ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア>性格の特徴

art nick/ Shutterstock.com

ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアは、飼い主やその家族に対して忠実で愛情を持って接してくれます。

甘えん坊でもあるので、飼い主をちょっとしたいたずらで困らせることもあるかもしれませんが、その憎めなさも人気につながっています。

性格の個体差が激しいウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア

corners74/ Shutterstock.com

ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアは、性格の個体差が激しい犬種です。

そのため、子供に対して友好的な個体もいれば、そうでない個体もいます。

どちらにしても、頑固で興奮しやすい傾向があるため、加減を知らない子供が手荒に扱うのはよくありません。

飼いたい場合は、ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアを飼っている人の話を聞いたりして、事前に念入りな情報収集することをおすすめします。

監修者情報

保久(やすひさ) 留美子先生
公益社団法人日本動物病院協会(JAHA)認定 家庭犬しつけインストラクター、CPDT-KA
犬との豊かな暮らしを求めて、20年前に北海道へ移住。美瑛で犬猫たちと自然を満喫しながら同居中。現在、道内に4つの病院を構える緑の森どうぶつ病院にて、道内初のJAHA認定家庭犬インストラクター等の資格を活かして勤務。
動物病院の待合診療統括マネージャーとして、「飼い主目線でどうぶつを観る」を心掛け、飼い主さんと病院の橋渡し役を担当。自身も5頭の犬を見送り得た「経験」と、動物病院という現場で得た「臨床知識」から出した結論は、『そのコを想い、そのコのためにと飼い主が考えしてあげることが、そのコの望んでいること』。
また、しつけの分野においては、たんにその域に留まらず、動物の一生のなかでさまざまなタイミングで携われるような立場になれることを願って、従来の経験と勘だけに頼らない、最新の動物行動学と行動分析学をふまえた指導を心がけている。

<保有資格>
公益社団法人日本動物病院協会(JAHA)認定 家庭犬しつけインストラクター
米国ペットトレーナーズ協会認定 CPDT-KA
◆日本ペット栄養学会認定 ペット栄養管理士
◆動物看護師統一認定機構認定 動物看護師
◆日本ペットカウンセラー協会認定 パラカウンセラー
◆日本アニマルウェルネス協会認定 ホリスティックケアカウンセラー

◇環境省主催「動物適正飼養講習会」講師
◇北海道動物愛護管理研修会講師
◇ペットシッター養成講座講師
◇動物介在活動、動物介在教育
◇動物病院スタッフ向けのセミナー講師
続きを読む

みんなのコメント

深谷ネギ大好きさん
ヨークシャーを飼うか迷っていましたが、 実際に見ると真っ白な毛がとても美しくて、ウエストハイランドのほうを飼うことにしました。 手入れに手がかかる分、愛情も増してより愛着がわきます!

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の種類・品種」の人気記事RANKING