犬が飼い主をかむのは、ばかにしてるから?かみ癖に困ったときのしつけ方

「犬が飼い主をかむのは、飼い主である自分がばかにされているから……」。愛犬にかまれて、そう思っている人もいるのではないでしょうか。しかし、犬のかむ行動には「え!?」と驚くような、実にさまざまな理由があるのです。

そもそも、犬が何かをかむのは自然なこと

野生時代の犬は、幼い頃より兄弟犬との遊びを通して「かむこと」を覚え、どれだけの力でかめば痛いのかといった力加減を学んでいきます。

しかし、生後早いうちから親犬や兄弟犬から離れてしまうことが多い現代の犬は、兄弟や親とかむことを通じたコミュニケーションが少ないため、力加減を学ばないままにかみつく本能だけが残っています。また、犬は何かをしようとするとき、私たち人間のように手を使うことができません。口を使ってさまざまな行動を取らざるを得ないのです。その結果、人間と比較すると必然的にかむという行動が多くなることを、まずは理解しましょう。

警戒心・恐怖心から飼い主をかむ

犬が人間をかむという行為には、必ず理由があります。多くの場合は警戒心や恐怖心からという理由であって、決して「飼い主をばかにしているから」「人間を下に見ているから」ということではありません。

例えば、いたずらをしたときに「何でこんなことをするの!」と感情的に叩かれた。ほえていたら、物を投げつけられた。過去、このような体験をした犬は、飼い主に恐怖心を持つことが多いです。そんな怖い人=飼い主が近付いて来ると、犬は「怖いからあっちに行って!」と追い払おうとして、かんでしまうことがあります。

なぜ犬がかむようになったのか、その理由の本質を考え、私たち飼い主の行動を改善していくことで、かむ回数は減るでしょう。

飼い主は犬を抑圧する行動を取ってはいけない

かむことを抑制するしつけ方に「叱る」がありますが、まずは叱らずに済む方法を考えましょう。具体的には、おやつやおもちゃで気をそらす、無視をするといった「かんでも飼い主の気は引けない」ことを教えると、叱らずに犬の行動を変えることができます。

大きな声で叱ってしまうと心を閉ざし、“かむ理由”である警戒心や恐怖心を抱かせてしまう可能性があります。愛犬が常にびくびくとおびえている状態では、私たち飼い主と犬との良好な関係は育めません。正しいしつけの方法を学び、犬を抑圧する行動を取らないようにすることが大切です。

犬に笑顔で話し掛け、飼い主の気持ちを伝えよう

日頃から、たわいない話でもよいので犬に笑顔で話し掛け、飼い主の気持ちを伝えてあげてください。犬は、言葉は話せませんが感受性がとても豊かな動物なので、私たち飼い主の感情を、しっかりと理解してくれます。また、犬の体に触るときは「○○を触るよ~」などと一声掛けてから触ってあげると、警戒心や恐怖心を抱かせずに済み、「飼い主は自分の気持ちをわかってくれているんだ」と犬の方から心を寄せてくれるようになります。

お互いに思いやりを持って接することで、犬との暮らしがどんどん楽しくなっていきます。ぜひ、取り入れてみてください。

みんなのコメント

るなさん
唸りながら噛んできます。 しつけとして、口を押さえてダメ!というとクンクンとなき泣きます。 しつけの仕方がいけないんでしょうか。 他のものを見てみると、私の家では吠えるとスリッパや、手でたたきます。 それがダメみたいで、人に心を閉じてしまい、噛み付いてくる、という記事も見ました。 それは教育に問題があるので直そうと思うのですが、このしつけを直しても噛み付いてくる場合どうすればいいのでしょうか? とても悩んでいます。教えてください。
わたしさん
私も犬に好かれたり尊敬されたいので ぜひやってみようと思いました!🍔🐇🐕

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING