【獣医師監修】犬(子犬)のしゃっくりが止まらないのは病気!?原因や症状、止める方法!

犬も人間と同じようにしゃっくりをします。犬のしゃっくりはちょっぴり可愛らしい気もしますが、しゃっくりの原因や理由がわからず、不安な場合もあります。犬のしゃっくりについて、考えられる病気と症状、対処法について解説します。

【獣医師監修】犬(子犬)のしゃっくりが止まらないのは病気!?原因や症状、止める方法!
出典 : lalalululala- stock.adobe.com

犬のしゃっくり【原因】【理由】

犬のしゃっくり【原因】【理由】

iStock.com/Nevena1987

犬のしゃっくりを聞いたことがある方はきっと「なんだかちょっと可愛いな」と思ったことがあるかもしれません。

でも、しゃっくりに似ているだけで、「実は、しゃっくりではなく別の病気?」と心配になる飼い主もいると思います。

そもそも、しゃっくりというのは横隔膜の痙攣(けいれん)です。

しゃっくりは、胃が拡張したときや、胃が冷えすぎたときに起こることが多くあります。

犬のしゃっくり【病気の可能性】

犬のしゃっくり【病気の可能性】

iStock.com/Dreymedv

犬のしゃっくりは、人間のしゃっくりと同じで、以下のような場合は心配いりません。

・早食いや大食いをしたとき

・食べ物と一緒に空気を飲み込んだとき

・胃にガスが溜まっているとき

・氷水など冷たい食べ物で胃が冷えたとき

犬がしゃっくりを起こす原因

iStock.com/1827photography

一方で、以下のような病気が原因でしゃっくりが引き起こされることもあります。

・横隔膜付近の臓器の腫大・腫瘍

・消化管内寄生虫

・呼吸器疾患

などが原因でしゃっくりが起きる可能性があります。

しゃっくりの出る子犬の診察

iStock.com/lumenphoto

「長期間、愛犬のしゃっくりが続く」
「しゃっくり以外に気になる症状がある」

というときは、早めに愛犬を動物病院へ連れていき、獣医師に相談しましょう。

犬のしゃっくり【間違えやすい症状】

犬のしゃっくり【間違えやすい症状】

Riku / PIXTA(ピクスタ)

犬のしゃっくりだと思っていたら、実は全く違った症状だという場合もあります。

●しゃっくりと間違うかもしれない「犬の病気の症状」

喘息(ぜんそく)・肺炎

心臓病

胃捻転(いねんてん)

てんかん発作

などがしゃっくりと間違いやすい病気の症状です。

犬のしゃっくり【止める方法(対策)】

犬のしゃっくり【止める方法(対策)】

iStock.com/miodrag ignjatovic

犬のしゃっくりを止めるにはいくつかの方法があります。

・何かを食べさせたり飲ませたりする

・軽い運動をする

これらにより、呼吸が整い、しゃっくりを止めるきっかけになることがあります。

犬のしゃっくりを止める方法

leungchopan- stock.adobe.com

その他では、

・胃と肋骨の間にあるみぞおちを手のひら全体で優しくマッサージする

マッサージによって横隔膜の痙攣(けいれん)が落ち着くことがあります。

犬のしゃっくりの判断

iStock.com/mihailomilovanovic

犬のしゃっくりは愛くるしい姿でもありますが、時に重大な病気のサインになっていることもあります。

注意すべきポイントを意識しながら、愛犬の健康づくりに取り組んであげてくだい。

【獣医師監修】犬が目やにが出ている。この症状から考えられる原因や病気は?

【獣医師監修】犬の逆くしゃみ。この症状から考えられる原因や病気は?

【獣医師監修】犬のくしゃみ・鼻水が止まらない・鼻づまりしている。この症状から考えられる原因や病気は?

みんなのコメント

ゆずママさん
良く分かりました

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の飼い方・しつけ」の人気記事RANKING