病気の可能性もある犬の「しゃっくり」。正しい見分け方と対処法

犬も人間と同じようにしゃっくりをします。犬のしゃっくりはちょっぴり可愛らしい気もしますが、しゃっくりの原因がわからず不安な場合も。病気の可能性も考えられる犬のしゃっくりについて、正しい見分け方と対処法についてまとめてみました。

犬はどうしてしゃっくりをするの?

犬のしゃっくりを聞いたことがある方はきっと「なんだかちょっと可愛いな」と思ったこともあるかもしれません。

でも、しゃっくりに似ているだけで、実はしゃっくりではなく別の病気なのでは?と心配になる方もいらっしゃると思います。

そもそも、しゃっくりというのは横隔膜のけいれんのこと。

体内にたまったガスを減少させる効果もあります。

犬のしゃっくりは、ご飯を食べている時や食後に起きたり、ストレスが溜まっているときに起きます。

まずは、愛犬がどのタイミングでしゃっくりをしているのか観察してみましょう。

しゃっくりと、それ以外の病気の見分け方は?

犬のしゃっくりは、人間のしゃっくりと同じで、大概の場合は心配いらないのですが、下記のような症状が出ていないか注意してあげましょう。

・長期間しゃっくりが続いてなかなか止まらない
・咳やくしゃみをしゃっくりと併せてするようになったとき、嘔吐(おうと)や食欲不振になったり、苦しそうに呼吸している


上記以外にも、しゃっくりみたいな変な音を立てて鼻を鳴らすようになった、しゃっくりと違う音かもしれない、と思ったら、早めに獣医師に相談しましょう。

また、愛犬の心臓の鼓動を測ってみるのも効果的です。

いつもよりも早まっていると感じたら病気のサインかもしれませんので、獣医師の診断を受けましょう。

犬のしゃっくりから考えられる重い病気

ただのしゃっくりだと思っていたら、実は全く違った病気の場合もあります。

考えられる病気としては、喘息や肺炎、心膜炎、心臓病、心臓肥大、脳卒中、何らかの呼吸器の欠陥、胃捻転(いねんてん)、てんかんなどが挙げられます。

しゃっくりと間違われやすい、重い病気
・喘息や肺炎
・心膜炎
・心臓病
・心臓肥大
・脳卒中
・呼吸器の欠陥
・胃捻転(いねんてん)
・てんかん


異物を誤飲して呼吸困難に陥っているケースもありますので、吐きそうなのに吐けない、苦しそうに息をしている、などの様子が見受けられたら、すぐに病院へ行きましょう。

てんかん、胃捻転(いねんてん)を含め、迅速な処置が求められます。

犬のしゃっくりを止める方法は?

犬のしゃっくりを止めるにはいくつかの方法があります。

ちょっと意外ですが、「はちみつを溶かした水」や「砂糖をとかした水」を舐めさせると、しゃっくりが止まる場合があります。

しゃっくりは横隔膜のけいれんによって起きるものですが、横隔膜を支配するものに末梢神経という神経があります。

この末梢神経が砂糖などの甘いものによって刺激を受けると、その影響で横隔膜のけいれんが止まると考えられているのです。

もっと簡単な方法としては、胃と肋骨の間にあるみぞおちを手のひら全体で優しく押したり、のどや胸部を優しくマッサージしたりすることでしょう。

マッサージによってけいれんが落ち着きます。

犬のしゃっくりは愛くるしい姿でもありますが、時に重大な病気のサインになっていることもあります。

注意すべきポイントを意識しながら、愛犬の健康づくりに取り組んであげてくださいね。

みんなのコメント

しんさん
なるほど!
ゆずママさん
良く分かりました

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING