【獣医師監修】フレンチ・ブルドッグの乳歯の生え変わり時期は? 歯並びが悪い場合は?歯磨きのやり方は?

フレンチ・ブルドッグは愛嬌のある犬種で、その“ブサカワ”ぶりが人を惹きつけますが、短吻種(たんふんしゅ)であるため歯と歯の間が狭く、歯のトラブルも起こりがちです。また、大型犬並みに加齢スピードも速いと言われる上、他犬種に比べて心配な病気もやや多い傾向にあります。愛犬の健康寿命を延ばすための歯の基本情報をお伝えします。

【獣医師監修】フレンチ・ブルドッグの乳歯の生え変わり時期は? 歯並びが悪い場合は?歯磨きのやり方は?
出典 : iStock.com/gollykim
先生にお聞きしました
藤田 桂一 先生
フジタ動物病院 院長(獣医師)

日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)大学院 獣医学研究科 修士課程 修了。

1988年に埼玉県上尾市でフジタ動物病院を開院する。

同病院の院長として、獣医師15名、AHT・トリマー・受付31名、総勢46名のスタッフとともに活躍している。

【資格】
獣医師

【所属】
日本小動物歯科研究会 会長
公益社団法人 日本獣医学会 評議員
◆財団法人 動物臨床医学会 理事
公益財団法人 動物臨床医学研究所 評議員
日本獣医療倫理研究会(JAMLAS) 理事
NPO法人 高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク 理事
日本獣医臨床病理学会 評議員
◆社団法人 日本動物病院福祉協会
世界動物病院協会
日本動物病院会
◆小動物臨床研究会さくら会
◆PCM 研究会

その他の会に所属し、研究活動を精力的に行っている。

岩手大学 農学部獣医学科 非常勤講師(2008~2012年)
帝京科学大学 生命環境学部 アニマルサイエンス学科 非常勤講師(2012年~)
日本大学 生物資源科学部 獣医学科 高度臨床獣医学 非常勤講師(2013年~)

【編著】
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.1」interzoo
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.2」interzoo
続きを読む

フレンチ・ブルドッグの乳歯の生え変わりの時期と順番は?

フレンチ・ブルドッグの乳歯①【発育・萌出】

フレンチ・ブルドッグの乳歯①【発育・萌出】

iStock.com/Mikhail Spaskov

フレンチ・ブルドッグ(犬)の歯は、実は母犬のお腹の中にいる頃からすでに発育が始まっています。

【歯の発育段階】

蕾状期(らいじょうき)⇒帽状期(ぼうじょうき)⇒鐘状期(しょうじょうき)⇒石灰化期(せっかいかき)

という歯の発育段階を経て、“歯の芽”である「歯胚(しはい)」が「歯」として成長し、歯肉から顔を出すのは生後21日(3週)頃

そして生後2ヶ月くらいまでの間に乳歯がすべて生え揃います。

歯が成長する過程

【歯が成長する過程】
歯は母犬のお腹の中にいる時からすでに発育が始まっている。

【犬の歯の成長過程】

蕾状期(らいじょうき)口腔粘膜上皮(青い部分)の一部が増殖して伸びてくる
帽状期(ぼうじょうき)増殖した部分が帽子のような形となり、これはエナメル器と呼ばれる。エナメル器に包まれるように歯乳頭(後に象牙質と歯髄を作る)が、そしてそれらを支える器のように歯小嚢(セメント質や歯槽骨、歯槽膜の基になる)が形成される。エナメル器・歯乳頭・歯小嚢の3つは歯胚(歯の基になるもの)と呼ばれる
鐘状期(しょうじょうき)エナメル器の内部にはエナメル髄が発生し、この段階をもってエナメル器の上部は外エナメル上皮、下部は内エナメル上皮と呼ばれるようになる
石灰化期歯乳頭は象牙質と歯髄に分化し、歯小嚢はセメント質・歯槽骨・歯槽膜に、内エナメル上皮はエナメル質に変化する
歯の萌出(ほうしゅつ)歯根象牙質、セメント質、歯根膜、固有歯槽骨の形成によって、歯根が長くなっていき、歯として成長する

フレンチ・ブルドッグの乳歯②【歯の生え変わり時期】

やがて生後4ヶ月半頃になると永久歯が生え始め、生後6~7ヶ月頃までには乳歯と永久歯との生え変わりが完了します。

フレンチ・ブルドッグは、短頭種ですので上顎の前臼歯が萌出するスペースが少ないためにほとんどの上顎前臼歯が回転(捻転)して重なって生えてきます。

【歯が生える時期と生え変わりの時期】

【歯の種類】【乳歯】【永久歯】
月齢生後21日頃生後2か月頃生後4か月半生後6-7か月
歯の状態生え始め生え揃い完了生え始め生え揃い完了
犬の乳歯(左)と永久歯(右)の歯並び

【犬の乳歯(左)と永久歯(右)の歯並び】

なお、フレンチ・ブルドッグの歯の生え変わりの時期には乳歯と永久歯とが一時的に併存し、切歯と臼歯では数日程度、犬歯の場合は2〜3週間ほど重なって生えている状態となります。

【乳歯と永久歯が併存する期間】

【歯】【平均的な併存日数】
切歯および臼歯数日
上顎の犬歯およそ2~3週間
下顎の犬歯およそ1~2週間

フレンチ・ブルドッグの乳歯③【歯が生える順番】

次に、フレンチ・ブルドッグの歯が生えてくる順番は以下のとおりです。これは乳歯、永久歯ともに同じです。

【フレンチ・ブルドッグの歯が生える順番】

下顎の切歯 ⇒ 上顎の切歯 ⇒ 下顎の前・後臼歯 ⇒ 上顎の前・後臼歯 ⇒ 下顎の犬歯 ⇒ 上顎の犬歯

このうち、前臼歯・後臼歯の一部は、犬歯の萌出のときに生える場合もあります。

フレンチ・ブルドッグの歯の本数は?(何本抜ける?)

フレンチ・ブルドッグの歯の本数は?(何本抜ける?)

357516 / PIXTA(ピクスタ)

フレンチ・ブルドッグ(犬)の歯の本数は乳歯で28本、永久歯は42本で、生え変わりの時期に入れ替わります。

下の表にフレンチ・ブルドッグ(犬)の歯の本数を切歯・犬歯・前臼歯・後臼歯ごとに示しますが、歯の本数は次の歯式によって示すこともできます。
(歯式は犬の顔を片側から見た時の歯の数を基本として数えます)

【乳歯の場合】

上顎の歯/下顎の歯=切歯3/3+犬歯1/1+前臼歯3/3+後臼歯0/0×2=28本

永久歯の場合

上顎の歯/下顎の歯=切歯3/3+犬歯1/1+前臼歯4/4+後臼歯2/3×2=42本

【フレンチ・ブルドッグ(犬)の歯の本数】

【単位/本】【乳歯】【永久歯】
上顎下顎上顎下顎
切歯6666
犬歯2222
前臼歯6688
後臼歯0046
全体14142022

※乳歯の段階では前臼歯・後臼歯の区別がなく、すべて臼歯で「乳臼歯」という。

成犬の歯

【成犬の歯】
切歯=I1(第1切歯)~I3(第3切歯)
犬歯=C
前臼歯=P1(第1前臼歯)~P4(第4前臼歯)
後臼歯=M1(第1後臼歯)~M3(第3後臼歯)

フレンチ・ブルドッグの歯磨きの仕方・オススメの歯ブラシは?

フレンチ・ブルドッグの歯磨き①【歯磨きの仕方】

フレンチ・ブルドッグの歯磨き①【歯磨きの仕方】

Jobrestful / PIXTA(ピクスタ)

何事も最初が肝心。フレンチ・ブルドッグが歯磨きを受け入れられるようにするには、少しずつ慣らしていきましょう。

歯磨きの仕方【ステップ①】

フレンチ・ブルドッグにおやつを与える時や体を撫でる時に何気なく指や手で愛犬の口元に触れ、口周りに触られることに慣らします。

歯磨きの仕方【ステップ②】

愛犬が口周りに触られることに慣れたら、指を口に入れてみる、唇を少しめくってみるなどしてみます。

歯磨きの仕方【ステップ③】

次に、ぬるま湯で湿らしたガーゼを指に巻いて歯を軽くこすってみましょう。

最初は切歯(前歯)から。徐々に奥歯へ移動します。

歯磨きの仕方【ステップ④】

愛犬が指ガーゼに慣れたら歯ブラシへ移行します。

最初は歯ブラシの匂いを嗅がせたり、遊ばせたりし、瞬間的でも歯ブラシを口に入れることがあったなら褒めてあげましょう。

歯磨きの仕方【ステップ⑤】

歯磨きの仕方【ステップ⑤】

iStock.com/Ирина Мещерякова

歯ブラシで歯を磨いてみます。

切歯から始め、少しずつ犬歯や奥歯も慣らしていきます。

最初は歯の外側だけでも大丈夫。特に上顎の前臼歯は歯が重なっていますので丁寧に1本1本磨きます。

徐々に裏側も磨けるようにしていきます。

また、口蓋粘膜には深い溝の口蓋(こうがい)ひだがありますので、この中に被毛が入り込み炎症を引き起こすことがよくあります。

したがって、口蓋襞(こうがいへき)の中に被毛が入り込んでいるかどうかを確認して入り込んでいればその都度、除去しましょう。

【ポイント】

【ポイント①】
少しでも歯磨きをさせたら褒めて遊ぶなど“良いこと”とセットにすると効果的です。

【ポイント②】
歯ブラシが乾いていると口内粘膜に引っかかって嫌がることがあるので、歯ブラシは濡らして使うこと。
犬が好む肉汁や犬用の歯磨きペーストなどを使用するのもおすすめです。

【ポイント③】
飼い主さんが意気込み過ぎて緊張感を与えないようにご注意を。

フレンチ・ブルドッグの歯磨き②【歯磨き嫌いになる原因】

フレンチ・ブルドッグの歯磨き②【歯磨き嫌いになる原因】

iStock.com/gollykim

フレンチ・ブルドッグが歯磨き嫌いになる理由としては、以下のようなことが考えられます。

口に触られることに慣れていない
磨き方が強過ぎて痛い
歯ブラシが硬過ぎる、または大き過ぎる
歯や口の中にトラブルがあって違和感や痛みがある
無理強いされるので怖い

フレンチ・ブルドッグの歯磨き③【歯磨きのポイント】

以上を踏まえ、歯磨きのポイントをいくつか記しておきましょう。

【ポイント】

【ポイント①】
一度自分の手や頬(ほほ)などに歯ブラシをあてて、愛犬の歯の磨き方の強さを確認してみてください。

【ポイント②】
歯ブラシはフレンチ・ブルドッグの口に合ったサイズで、柔らかめのものを。人にとってのグリップ感も大事です。
中には歯ブラシのヘッドや柄の感覚がどうしても嫌だという犬もおり、指サックタイプやガーゼタイプのほうが向いていることも。
飼い主さんの“指”で磨くほうが犬も安心するのでしょう。しかし、歯肉の縁の中まで磨けるのは歯ブラシのみです。

【ポイント③】
愛犬の歯や口の中に異常がある時には、動物病院で診てもらいましょう。

【ポイント④】
犬の場合、歯垢が歯石に変化するのは3~5日程度なので、歯磨きは少なくとも1日おきに、できれば毎日行なうのが理想的です。

フレンチ・ブルドッグが気をつけたい歯のトラブルや病気(歯周病)は?

フレンチ・ブルドッグが気をつけたい歯のトラブルや病気(歯周病)は?

icebergpicture / PIXTA(ピクスタ)

フレンチ・ブルドッグで気をつけたい歯のトラブルには、以下のようなものがあります。

フレンチ・ブルドッグの歯のトラブル①【歯周病】

フレンチ・ブルドッグのような短頭種は口吻(こうふん)が短い分、歯の間隔が狭くなっており、殺菌効果をもつ唾液も歯間に行きわたりにくく、食べかすや歯垢・歯石がたまりやすいつくりになっています。

そのため、歯周病になりやすい傾向にあります。

フレンチ・ブルドッグの歯のトラブル②【過剰歯】

犬の「過剰歯」とは本来あるべき歯の本数より多く生えているものを指します。

上顎の前方にある歯に起こりやすいと言われる中で、切歯(前歯)においてはフレンチ・ブルドッグのような短頭種に多く起こる傾向があります。

フレンチ・ブルドッグの歯のトラブル③【埋伏歯】

生えてくるはずの歯が歯肉や顎の骨の中に埋もれたまま生えてこないものを埋伏歯(まいふくし)と言います。

隣接する歯が埋伏歯の影響を受けて位置がずれたり、歯根が吸収(溶ける)されたりする他、埋伏歯周辺の神経組織が圧迫されて痛みが出る、また、歯原性腫瘍や含歯性嚢胞(がんしせいのうほう)などを招くことがあるため、基本的には抜歯が必要となります。

フレンチ・ブルドッグの歯のトラブル④【含歯性嚢胞(がんしせいのうほう)】

埋伏歯(まいふくし)がある場合、その歯の歯冠を含んだ嚢胞(のうほう/分泌物が袋状に溜まること)ができてしまうことがあります。

特に、短頭種の若い犬で、下顎の第1前臼歯、同じく下顎の犬歯の周囲に起こることが多いと言われます。

犬の歯の構造

【犬の歯の構造】
通常の歯で言うと、歯肉から上の外に見えている部分を「歯冠」と言う。

フレンチ・ブルドッグの歯のトラブル⑤【破折(はせつ)】

犬の歯が折れたり、欠けたりすることを「破折」と言います。

特に上顎の第4前臼歯(一番大きな歯)は折れやすく、次いで上顎の犬歯、下顎の第1後臼歯、下顎の犬歯の順。

歯髄が露出した場合は細菌感染を防ぐために24時間以内の治療が望まれます。

【参考元】
藤田桂一「鼻汁、くしゃみ、鼻出血を示す代表疾患の診断と治療-各論に迫る!-1.歯科関連鼻腔疾患」(動物臨床医学26 [2] 54-56, 2017)

フレンチ・ブルドッグの歯並び・噛み合わせが悪い場合は矯正が必要?

フレンチ・ブルドッグの歯並び・噛み合わせが悪い場合は矯正が必要?

Nori / PIXTA(ピクスタ)

噛み合わせや歯並びやが悪い場合、愛犬の歯に専用器具を取り付けて位置を調整する(数ヶ月必要)など、状況により歯の矯正を行なうことがあります。

ただし、これは犬に咀嚼(そしゃく)の問題がある、不正な歯が口の中を傷つけてしまうなどの様子が見られる時、または将来的にそれが予想される場合に行なわれる処置です。

愛犬の歯に矯正が必要な場合は、永久歯が完成しきる生後半年くらいまでの間に行うのが望ましく、それ以降は少々難しくなります。

フレンチ・ブルドッグの歯のトラブルに保険は使用できる?

フレンチ・ブルドッグの歯のトラブルに保険は使用できる?

iStock.com/LukaTDB

犬の歯科治療に関しては、一切補償対象外とするペット保険や、歯周病は対象となるもの、乳歯遺残の抜歯は対象外ながら、それによる他の歯科疾患があり、治療の一環としてならば補償対象となるなどペット保険によって違いがあります。

また、ペット保険では基本的に予防医療は補償対象外となるため、予防的な「歯垢・歯石除去」のような処置は補償されません。

したがって、ペット保険の加入を考える場合は、ペット保険それぞれの補償内容や条件をよく比較して判断することをおすすめします。

大切なペットを一生守るために、生涯入り続けることができるペット保険を選びましょう。

フレンチ・ブルドッグの歯のまとめ

フレンチ・ブルドッグの歯のまとめ

patrykkosmider / PIXTA(ピクスタ)

フレンチ・ブルドッグは顎が短い上に、過剰歯や埋伏歯(まいふくし)などを起こす傾向にあることから、歯並びが悪くなることがあるので、歯の生え変わりの時期が過ぎたら歯の本数や歯並びなどを確認するようにしましょう。

また、やんちゃで遊び好き、顎(あご)の力もそれなりにあるので、破折(はせつ)を起こさないよう骨やひづめ、ガムなど硬過ぎる物にもご注意を。

また、歯周病含歯性嚢胞(がんしせいのうほう)など、愛犬に歯のトラブルが生じた際には、重度の症状になる前に、早めに、動物病院の獣医師に診てもらいましょう。

【併せて読まれている病気・医療関連の記事】
         ↓ ↓ ↓

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING