死に際を見せたくない犬たち。犬が死ぬ前に飼い主の側から離れる理由

犬や猫など、人間に飼われている動物が死ぬときに飼い主から離れていく、姿を隠すという話を聞いたことはありませんか? どうして犬がそんな行動を取ったのか——。少しだけ犬の気持ちに思いを馳せて考えてみます。

飼い犬ならではの家族への愛情

飼い犬ならではの家族への愛情

犬は人の生活に深く入り込み、人の心情を理解したり癒やしたり、ときには不可思議にも感じるような行動を起こすことがあります。

自分が病気で弱っていても飼い主さんの前では気を張って元気を装うタイプ。大好きな飼い主さんに弱っていくところを見られたくないと思うタイプ。いろいろな思いを抱く犬がいると考えられています。そう考えなければ説明がつかないような「病状と犬の様子のギャップ」が、飼い犬には多く見られるそうです。

飼い犬にもやっぱり「動物」としての本能がある

飼い犬にもやっぱり「動物」としての本能がある

飼い主さんへの愛情や思いからそっと静かに息を引き取る選択をする犬もいるでしょう。しかし、その根本にはやはり動物としての本能があるのではないでしょうか?

動物は傷付いたとき、人間のように「痛い! 苦しい! 誰か助けて!」と叫ぶことはしません。ただ、誰もいない静かな場所で体を休め、回復を待つのです。

生まれるときと死ぬときは、最も本能が強く出てくるとき。動物としての本能やプライドで、弱っていく姿を誰にも見せまいと自分を守る意味もあるのかもしれません。

「看取る」ことだけが、愛情表現ではない

「看取る」ことだけが、愛情表現ではない

「介護していた愛犬が、ほんの少し目を離した間に死んでしまっていた……」
「老犬を庭で日なたぼっこさせていたら、庭の隅で静かに息を引き取っていた……」
「前日まで元気だったのに、翌朝、目が覚めず、突然死してしまった……」

このような出来事と遭遇した飼い主さんの多くが、「死に際を看取れなかった」と後悔していることがあります。しかし、犬は飼い主を思って、もしくは自らそれを望み、飼い主のそばで最後まで幸せに過ごせたことに満足して息を引き取っていったとも考えられます。

犬としての本能やプライドを守った。犬からの愛情を受け取った。そう考え、亡くなった愛犬のために、幸せに見送ったと思ってあげてくださいね。

みんなのコメント

さくちゃんさん
6月24日、愛犬が亡くなりました。最後まで、苦しんでいましたが、息を引き取る直前に、お水を飲ませてあげられました。3CCでしたが、穏やかな顔で旅立ちました。最期を見送れて良かったです。天国で安らかに眠ってね。
チビちゃんさん
7月10日に愛犬が旅立ちました。普段は愛犬の寝床と別なんですけど1週間くらい愛犬の側で寝て居たんですけど愛犬が最後の力を出して自分の側で寄り添う様に寝る様に亡くなってました。天国で幸せに暮らして欲しいです。
ロイ君さん
7月12日 最愛の黒い子が12才で旅立ちました。 前日から呼吸が荒く何も食べなくなり それでも、朝家族が起きてくるまで頑張ってくれて、息を引き取りました。 苦しく辛く悲しいです。触れたい抱き締めたい。 虹の橋で元気に暮らして待っててね。
厨川さん
愛犬ダルギちゃんが2018.7.22 10歳ならず突然襲ってきた溶血性貧血病で病院でなくなりました! ダルギちゃんはそれまで飼い主3回変わって、4回目で私と出会えたんだから! 今まで不安な気持ちが沢山あったダルギちゃんを もっと幸せにしてあげようと 私は6年間精一杯尽くしてきたつもりです。 私も幸せ一杯だったし 愛犬にも私の愛情が伝わって幸せだと思ってますが! (韓国から入国手続きして日本までやっと連れて来てそろそろ3年なります) ただただ 言葉を分からない異国で 一番身近な私も居ない病院で とっても不安な気持ちで 一人病気で戦ったじゃないかと思ってたら なんで病院でずっと付き添いしなかったのか 悔いです、、、 犬がもし病気になったらもっと早く気づいて早く治療してあげてください!飼い主さんは愛犬が病気になったら誰でも必死に病気を治療してあげると思いますが 普段から犬の様子を良く観察して異常に気づいたら早く病院連れて上げて下さい! 私は最後まで見送る事が出来なかったのは とっても悔しい、悲しい、涙がずっと止まりません。 ダルギは、私の家族にとって凄く大切な存在でした 来世また、ダルギと縁があり出会えてたら 今以上今してあげられなかった事を悔いなくしてあげて天国へ見送ってあげたいんです!

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING