【獣医師監修】【ダルメシアン】トイレ(排泄)のしつけ、トレーニングのポイントやコツ!

ディズニー映画のモデルとして一躍有名になったダルメシアン。それ以前からも、優雅なたたずまいと斑点模様の美しい外見から、馬車の伴走犬としてヨーロッパで広く愛されてきました。適切なトイレトレーニングを行い、しっかりと運動をさせてあげられる環境が整えば、陽気な家庭犬として楽しくにぎやかな毎日を一緒に送ることができるでしょう。

【獣医師監修】【ダルメシアン】トイレ(排泄)のしつけ、トレーニングのポイントやコツ!
出典 : iStock.com/debibishop
先生にお聞きしました
増田 宏司 先生
東京農業大学 農学部 動物科学科 / バイオセラピー学科
動物行動学研究室 / 伴侶動物学研究室 教授(獣医師・獣医学博士)

【経歴】
◇2000年:山口大学農学部獣医学科卒業
◇2004年:東京大学大学院農学生命科学研究科にて犬の気質に関する行動遺伝学的研究で博士号 取得
◇2006年:同大学院での学術研究支援員を経て、
東京農業大学 農学部バイオセラピー学科・着任(講師)
◇2015年4月:准教授(2012~2014)を経て現職
動物行動学・伴侶動物学に関する講義・実習を担当

【資格】
獣医師

【所属】
公益社団法人 日本獣医学会
ヒトと動物の関係学会

【著書】
犬の幸せ 私の幸せ~ワンコ先生が教える動物行動学~』(恒文社)
このくらいは分かって!ワンコの言い分』(さくら舎)
犬語ブック』(日本文芸社)

【ペット歴】
犬・猫・ウサギ・インコ・カメ

【飼っている動物】
ネコの「ハナ」とクサガメの「ラファエロ」
(どちらもメスで保護動物、怖がり)

【ペットへの想い】
動物たちとの暮らしは、感動と勉強の毎日。

【ペットに関するエピソード】
基本、前に飼い主がいた動物や、保護された動物を引き取ります。
すでに行動の癖がついている子達ばかりなので、
「どこまで覚えていて、それらの行動をどういった意味で使っているのか」が、それぞれに違っています。
その気持ちを受け入れると、彼らとの距離がぐっと縮まっていくのが分かります。
動物たちの柔軟性には毎回、勉強をさせていただいています。
続きを読む

【ダルメシアン】トイレを覚えず、失敗する理由は?

トイレを失敗する理由①【ダルメシアンの習性】

トイレを失敗する理由①【ダルメシアンの習性】

iStock.com/DoraZett

そもそも、犬には決まった場所で排泄する習性がないため、室内の好きなところで排泄するのはごく自然な行為になります。

縄張り意識によるマーキングの本能も備わっていますから、トイレトレーニングをしなければ室内のあちこちでうんちやおしっこをしてしまうでしょう。

ダルメシアンに室内トイレの習慣をつけるため、早速トイレトレーニングを始めていきましょう。

最初に、クレートやケージでダルメシアン専用の空間を確保してください。

犬には「寝床と排泄場所を区別する」という習性があるため、自分の居場所である寝床があると、そこから離れた場所に排泄したがります。

ダルメシアン トイレトレーニング

iStock.com/SolStock

室内に限定された自分だけの空間がないと、部屋全体をテリトリーだと思い、室内での排泄を嫌がってしまうことがあります。

明るくて人懐っこいダルメシアンですが、興奮しやすく、ちょっとした物事に敏感に反応して警戒心をあらわにすることがあります。

室内に落ち着ける居場所があることで警戒心が和らぎ、よりリラックスしてすごせるでしょう。

トイレを失敗する理由②【トイレに問題がある】

トイレを失敗する理由②【トイレに問題がある】

iStock.com/Alphotographic

環境が不十分なトイレは、ダルメシアンにとって失敗しやすいトイレになってしまいます。

トイレは静かで落ち着ける場所に置き、スペースは狭くないか、清潔な状態がキープされているかなど、失敗しにくい環境づくりに配慮してください。

成犬では体高60cm前後、体重は30kg前後になるダルメシアンは、引き締まった筋肉を持つ活動的な犬種です。

成長にするにつれて力が強く、よりエネルギッシュになっていくでしょう。

狭いトイレは失敗の大きな原因になるため、トイレスペースには十分な広さが必要です。

【参照元】一般社団法人 ジャパン ケネル クラブ「ダルメシアン – DALMATIAN」

トイレを失敗する理由③【食糞】

トイレを失敗する理由③【食糞】

iStock.com/SolStock

うんちを食べる「食糞」は子犬の時期に見られることが多いですが、なかには成犬になっても続くケースがあります。

犬にとってはとくに異常な行動ではありませんが、飼い主さんとしては気持ちのいいものではありません。

さまざまな理由が考えられるので、原因を探って対策していきましょう。

基本的に、排泄後はすぐにうんちを片付けることを徹底しましょう。

ダルメシアンがトイレでうんちをしたら、すぐにご褒美をあげて褒め、関心を引きつけます。

その間にささっと回収し、食糞の機会を与えないようにします。

食糞の原因として、次のようなことが考えられています。

食糞の原因・理由①【寄生虫】

食糞の原因・理由①【寄生虫】

iStock.com/Sinhyu

体内に寄生虫がいる場合、栄養が寄生虫に奪われてしまうため、うんちを食べることで栄養を補おうとすることがあります。

食糞が長く続くようなら、一度病院での検査をおすすめします。

食糞の原因・理由②【消化不良】

胃腸の働きが落ちると栄養が十分にとれず、食べたものが未消化のまま排泄されてしまいます。

ニオイが残る場合も多く、食糞行動につながりやすくなるでしょう。

ニオイが強いものは避け、消化しやすいフードに切り替えるなどの対策を行ってみましょう。

胃腸の働きを助けるサプリメントの利用も選択肢のひとつです。

食糞の原因・理由③【注目されたい】

食糞の原因・理由③【注目されたい】

iStock.com/ttretjak

食糞を見つけたときに飼い主が過剰な反応をすると、「かまってもらえた」とダルメシアンが誤って学習してしまうことがあります。

陽気で積極的な性格を持つダルメシアン。

飼い主さんとの触れあいを求める犬種ですから、注意を自分に向けるために食糞しているのかもしれません。

ダルメシアンの勘違いを生まないよう、食糞を目撃したら、騒がず、落ち着いて速やかに対処しましょう。

食糞の原因・理由④【退屈】

食糞の原因・理由④【退屈】

iStock.com/lchumpitaz

家族とのスキンシップが大好きなダルメシアンですから、ひとりで過ごす留守番が得意ではありません。

退屈を紛らわせるために食糞をすることは十分考えられます。

ダルメシアン 遊び

iStock.com/BilevichOlga

留守番をさせるときには、ダルメシアンが長く集中できる知育玩具などを一緒に用意しておきましょう。

古くは馬車の伴走犬として馬と一緒に長い時間走っていた犬種です。

疲れ知らずの体力を持て余せば、エネルギーが食糞などのいたずらに向けられてしまうでしょう。

留守番の前には散歩の時間をとり、しっかり運動させておくなどの工夫も必要です。

【ダルメシアン】トイレトレーニングの開始時期は?

【ダルメシアン】トイレトレーニングの開始時期は?

iStock.com/SolStock

ダルメシアンのトイレトレーニングは年齢に関係ありません。子犬でも成犬でも、家に迎え入れたときから始めましょう。

ある程度の習慣づけがされた成犬は、子犬に比べるとトイレトレーニングに長い時間を必要とします。

覚悟を持って根気よく取り組んでいきましょう。

【ダルメシアン】トイレトレーニングの期間は?

【ダルメシアン】トイレトレーニングの期間は?

iStock.com/SolStock

正しいトレーニングを2〜3週間続けていくと、少しずつトイレでの成功率が高まってくるでしょう。

子犬と成犬では排泄回数が異なるため、トイレを覚えるペースに差が出ます。

排泄回数の多い子犬は、トイレを教える機会が多くなりますが、排泄のがまんができる成犬は排泄回数が少なく、必然的に教える機会も減ってしまうのです。

ダルメシアン 猟犬

iStock.com/eAlisa

ダルメシアンはその昔、馬車の荷物の護衛や猟犬など、人間の近くでさまざまな役割を任されてきた歴史を持っています。

飼い主さんとの共同作業も積極的に取り組める犬種ですが、もちろん得手不得手があります。

頑固な一面もあり、トイレトレーニングに時間がかかる場合があるため、愛犬のペースに合わせることを忘れずに、じっくり進めていきましょう。

【ダルメシアン】トイレトレーニングの注意点は?

トイレトレーニングの注意点①【トイレの場所と大きさ】

トイレトレーニングの注意点①【トイレの場所と大きさ】

iStock.com/alvarez

外での排泄が習慣になっていると、台風などの悪天候の日も、体調が悪い日も、排泄のために散歩に連れ出す必要があります。

老犬になって足腰が弱ってきたり、身体機能が衰えてくると、ますます飼い主さんの負担が増えます。

愛犬も、排泄を我慢するなどして健康に影響が出るかもしれません。

庭やベランダなどで排泄している場合も、室内トイレと両方できると望ましいでしょう。

室内トイレの習慣は将来の負担の軽減につながります。

ダルメシアンのような大きな犬こそ、散歩に出られない場合や、将来の老後のケアを考えて、外と室内の両方で排泄できることが理想です。

ダルメシアン トイレ 場所

iStock.com/SolStock

トイレの設置場所は、静かで落ち着ける場所を選びましょう。

人間の出入りが多く、外の物音が聞こえやすいなど、騒がしい環境はトイレの場所に適していません。

静かな部屋の角や壁際にケージやサークルを設置して、その中にトイレトレーやトイレマット、ハウスとなるクレートを入れてください。

明るくて活発なことで知られるダルメシアンですが、そのぶん好奇心が強く、集中力に欠ける傾向も。

ダルメシアンのイタズラ心を刺激しないよう、トイレの周囲は整頓し、排泄に集中できる環境を設定しましょう。

ダルメシアン トイレ 場所

iStock.com/alvarez

トイレの大きさは、ダルメシアンの体のひと回りからふた回り大きいサイズを目安にしてください。

ダルメシアンは排泄前、トイレの上で体をくるくる回して位置を定めることがあります。

そのため、はずみで体がはみ出さない程度の大きさのものを用意しましょう。

トイレスペースが狭いと、おしっこやうんちがはみ出す原因になります。

ダルメシアンの体の大きさに合わせ、常にスペースの見直しをはかっていきましょう。

トイレトレーニングの注意点②【「子犬」と「成犬」、「オス」と「メス」の違い】

トイレトレーニングの注意点②【「子犬」と「成犬」、「オス」と「メス」の違い】

iStock.com/Image Source

子犬は身体機能が整っておらず、我慢ができません。

おしっこは1日に10回以上、うんちは5回以上することもあります。

成犬になるにつれ、成長とともに排泄の回数は減っていきます。

ダルメシアン オス メス 違い

iStock.com/BilevichOlga

オスとメスの違いは特にないでしょう。

ダルメシアンは縄張り意識が低めの傾向にあるとされていますが、年頃になると、オスには本能によるマーキング行動が多く見られるかもしれません。

シニア期になり、筋力が低下してくると同時におしっこの失敗も少しずつ増えてきます。

トイレの数を増やしたり、トイレスペースを広げるなど、トイレ環境の見直しを行なって排泄の失敗を防いでいきましょう。

早めにトイレに誘導して排泄を促すのも有効です。

【ダルメシアン】トイレトレーニングの方法は?

トイレトレーニングの方法①【寝床を用意する】

トイレトレーニングの方法①【寝床を用意する】

iStock.com/absolutimages

「寝床では排泄したくない」というダルメシアンの本来の習性を利用するのがトイレトレーニングです。

そのため、ダルメシアンが自分の寝床を認識していないとトレーニングがうまくいきません。

トイレトレーニングを始める前に、室内にケージやクレートを設置してハウスとし、ダルメシアン専用の寝床(テリトリー)を用意しましょう。

孤独を嫌い、心のこもった深い交流を好むダルメシアン。家族の姿が確認できる場所に寝床を設置すると落ち着きやすいでしょう。

ダルメシアン トイレ 寝床

iStock.com/SolStock

寝床がきちんと認識でき、室内に安心してくつろげる場所があると理解したダルメシアンは、室内外の刺激に対して無用なストレスを感じなくてすみます。

子犬の時期に多くみられる「トイレで寝る」という行動も、寝床とトイレの認識不足が原因と考えられています。

【参照元】Takeuchi et al. ’A Comparison of the Behavioral Profiles of Purebred Dogs in Japan to Profiles of those in the United States and the United Kingdom.’ J.V.M.S,Vol. 68 No. 8 pp.789-796

トイレトレーニングの方法②【トイレのサインを見逃さない!】

トイレトレーニングの方法②【トイレのサインを見逃さない!】

iStock.com/BilevichOlga

トイレトレーニング中は愛犬をよく観察し、排泄前のしぐさを見逃さないようにしましょう。

しぐさを確認したときや食後などのタイミングを見計らい、トイレに誘導してください。

おしっことうんちの時間をメモしておくと、排泄の間隔やパターンが把握できておすすめです。

排泄のサインとタイミング

床のニオイをかぐ

その場でクルクル回る

寝起き

食後

水を飲んだ後

遊びや運動の後

【ダルメシアン】トイレトレーニングの成功ポイント!

【ダルメシアン】トイレトレーニングの成功ポイント!

iStock.com/Vladimir Zubkov

ペットシートの上で出来るだけ排泄を「成功させること」と、ペットシートの外で排泄を「失敗させないこと」が成功の大きなポイントです。

行動の繰り返しが習慣を作っていくので、このふたつを根気よく、ひたすら繰り返し教えます。

なるべく失敗を経験させないように注意し、成功体験を多く重ねていきましょう。

トイレトレーニングのポイント①【褒める】

トイレトレーニングのポイント①【褒める】

iStock.com/Myriam Borzee

ダルメシアンがサークル内のトイレで排泄したら、たくさん褒めて、その場でご褒美をあげます。

その後、サークルから出して一緒に遊びましょう。

ダルメシアンは家族に対してとてもフレンドリー。

褒められることが大好きですから、たくさん褒めてあげましょう。

トイレトレーニングのポイント②【褒め続ける】

このとき、遊びはほどほどにとどめておきます。なぜなら、遊びを楽しみにするあまり、排泄の途中でトイレの外に飛び出してしまうことも考えられます。

困った癖がつかないよう、ダルメシアンが興奮する前に切り上げてください。

トイレの習慣がきちんと長く続くよう、トイレトレーニングが終了しても、褒めることは続けていきましょう。

トイレトレーニングのポイント③【叱らない】

トイレトレーニングのポイント③【叱らない】

iStock.com/Stephen Couch

ダルメシアンがトイレを失敗したときには、怒らないようにします。

ダルメシアンは飼い主さんの表情や様子をよく見ています。

怒りやいら立ちを敏感に感じとれば、排泄自体を怒られたと勘違いし、トイレ以外の場所で隠れて排泄したり、排泄を我慢してしまうこともあるでしょう。

ダルメシアン 尿路結石

iStock.com/Andrey_Kuzmin

また、ダルメシアンは尿路結石ができやすい犬種として知られています。おしっこを我慢させないことは、病気の予防につながる大事なことです。

膀胱炎(ぼうこうえん)を起こして血尿になるなど、結石の症状は尿にあらわれるため、きちんとトイレで排泄できていなければ、症状に気づくことが遅れる可能性があります。

体調管理や病気予防のためにも、室内トイレの習慣は大きな役割を果たします。

ときに頑固な一面ものぞかせるダルメシアンですが、もともと活発で明るい性格の持ち主ですから、「褒めて伸ばす」を意識してトイレトレーニングを進めていきましょう。

【ダルメシアン】トイレで寝たり、遊んだりしないようにするには?

【ダルメシアン】トイレで寝たり、遊んだりしないようにするには?

iStock.com/TAGSTOCK1

子犬によくありがちですが、トイレと寝床の区別があいまいであることが大きな原因とされています。

室内の環境を見直してみましょう。

ダルメシアンが落ち着いて過ごせる寝床(ハウス)を用意して、トイレから離れた場所に置きます。

おもちゃも一緒に入れておきましょう。

こうすることで、室内には、トイレで過ごすよりも、ひとりでくつろげる場所や楽しいことがあると理解してもらいます。

寝床の認識ができれば、トイレとの区別もつきやすくなります。

ダルメシアン トイレ おもちゃ

iStock.com/Aida Latorre Puig

頭を働かせることで長く飽きずに遊べる知育玩具や、かじって夢中になれるコングなど、ダルメシアンの関心を引くおもちゃを探しておきましょう。

ダルメシアンは好奇心旺盛な性格ですから、新しいおもちゃにも敏感に反応して喜んで遊んでくれるでしょう。

【ダルメシアン】トイレトレーニングのやり直しはできる?

【ダルメシアン】トイレトレーニングのやり直しはできる?

iStock.com/taraminchin

ダルメシアンのトイレトレーニングのやり直しは可能です。

しかし、トイレのしつけはそもそも根気が必要であり、一度ついた習慣を修正して新しくしつけ直すことは、さらに多くの努力と時間を必要とします。

しつけの仕方に迷いが生じたり、悩むことがあれば、トレーナーやしつけ教室など、プロの技術に頼ることを検討しましょう。

ダルメシアンは利口でありながら、不器用な面も持ち合わせています。

プロにお願いすることで、分かりやすい指示の出し方や、さまざまな場面において適した接し方など、客観的に観察したり、アドバイスをもらうことができます。

飼い主としての学びも多くあるでしょう。

【ダルメシアン】トイレトレーニングの成功まとめ

【ダルメシアン】トイレを成功させるまとめ

iStock.com/David Baileys

古くから人間の側でさまざまな役割を担ってきたダルメシアン。

作業能力の高さは認められているものの、不器用な一面もあり、トイレトレーニングはやや苦手といわれています。

また、トイレトレーニングがスムーズにいくかどうかは愛犬の性格によって変わるもの。

失敗しにくいトイレトレーニング環境を整えることを第一に、愛犬の個性を大らかに受け入れて、じっくり取り組んでいきましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る