【獣医師監修】マルチーズの乳歯の生え変わり時期は? 歯並びが悪い場合は矯正が必要?歯磨きのやり方は?

マルチーズはたいへん長い歴史を持つ犬種で、紀元前1500年頃までさかのぼります。白く美しい毛並みと、明るく賢い性格を持つマルチーズですが、口が小さいゆえに歯周病や、歯並びが悪くなるなど歯のトラブルに見舞われるリスクも持ち合わせています。マルチーズと暮らすならば、彼らの歯に関する基本情報についても知っておきましょう。

【獣医師監修】マルチーズの乳歯の生え変わり時期は? 歯並びが悪い場合は矯正が必要?歯磨きのやり方は?
出典 : iStock.com/Facunco Martin Correia
先生にお聞きしました
藤田 桂一 先生
フジタ動物病院 院長(獣医師)

日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)大学院 獣医学研究科 修士課程 修了。

1988年に埼玉県上尾市でフジタ動物病院を開院する。

同病院の院長として、獣医師15名、AHT・トリマー・受付31名、総勢46名のスタッフとともに活躍している。

【資格】
獣医師

【所属】
日本小動物歯科研究会 会長
公益社団法人 日本獣医学会 評議員
◆財団法人 動物臨床医学会 理事
公益財団法人 動物臨床医学研究所 評議員
日本獣医療倫理研究会(JAMLAS) 理事
NPO法人 高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク 理事
日本獣医臨床病理学会 評議員
◆社団法人 日本動物病院福祉協会
世界動物病院協会
日本動物病院会
◆小動物臨床研究会さくら会
◆PCM 研究会

その他の会に所属し、研究活動を精力的に行っている。

岩手大学 農学部獣医学科 非常勤講師(2008~2012年)
帝京科学大学 生命環境学部 アニマルサイエンス学科 非常勤講師(2012年~)
日本大学 生物資源科学部 獣医学科 高度臨床獣医学 非常勤講師(2013年~)

【編著】
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.1」interzoo
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.2」interzoo
続きを読む

マルチーズの乳歯の生え変わりの時期と順番は?

マルチーズの乳歯①【発育・萌出】

マルチーズの乳歯①【発育・萌出】

travnikovstudio / PIXTA(ピクスタ)

マルチーズ(犬)の歯は、実は母犬のお腹の中にいる頃からすでに発育が始まっています。

【歯の発育段階】

蕾状期(らいじょうき)⇒帽状期(ぼうじょうき)⇒鐘状期(しょうじょうき)⇒石灰化期(せっかいかき)

という歯の発育段階を経て、“歯の芽”である「歯胚(しはい)」が「歯」として成長し、歯肉から顔を出すのは生後21日(3週)頃。

そして生後2ヶ月くらいまでの間に乳歯がすべて生え揃います。

歯が成長する過程

【歯が成長する過程】
歯は母犬のお腹の中にいる時からすでに発育が始まっている。

【犬の歯の成長過程】

蕾状期(らいじょうき)口腔粘膜上皮(青い部分)の一部が増殖して伸びてくる
帽状期(ぼうじょうき)増殖した部分が帽子のような形となり、これはエナメル器と呼ばれる。エナメル器に包まれるように歯乳頭(後に象牙質と歯髄を作る)が、そしてそれらを支える器のように歯小嚢(セメント質や歯槽骨、歯槽膜の基になる)が形成される。エナメル器・歯乳頭・歯小嚢の3つは歯胚(歯の基になるもの)と呼ばれる
鐘状期(しょうじょうき)エナメル器の内部にはエナメル髄が発生し、この段階をもってエナメル器の上部は外エナメル上皮、下部は内エナメル上皮と呼ばれるようになる
石灰化期歯乳頭は象牙質と歯髄に分化し、歯小嚢はセメント質・歯槽骨・歯槽膜に、内エナメル上皮はエナメル質に変化する
歯の萌出(ほうしゅつ)歯根象牙質、セメント質、歯根膜、固有歯槽骨の形成によって、歯根が長くなっていき、歯として成長する

マルチーズの乳歯②【歯の生え変わり時期】

マルチーズの乳歯②【歯の生え変わり時期】

iStock.com/shih-wei

やがて生後5ヶ月半頃になると永久歯が生え始め、生後7~8ヶ月頃までには乳歯と永久歯との生え変わりが完了します。

マルチーズなどの超小型犬は中型犬や大型犬と比べて1~2カ月ほど歯の生え換わりが遅くなる傾向があります。

【歯が生える時期と生え変わりの時期】

【歯の種類】【乳歯】【永久歯】
月齢生後21日頃生後3か月頃生後5か月半生後7-8か月
歯の状態生え始め生え揃い完了生え始め生え揃い完了
犬の乳歯(左)と永久歯(右)の歯並び

【犬の乳歯(左)と永久歯(右)の歯並び】

なお、マルチーズの歯の生え変わりの時期には乳歯と永久歯とが併存する期間があり、切歯と臼歯では数日程度、犬歯の場合は2〜3週間にわたります。

【乳歯と永久歯が併存する期間】

【歯】【平均的な併存日数】
切歯および臼歯数日
上顎の犬歯およそ2~3週間
下顎の犬歯およそ1~2週間

マルチーズの乳歯③【歯が生える順番】

通常、マルチーズの歯が生えてくる順番は以下のとおりで、これは乳歯も永久歯も同じです。

【マルチーズの歯が生える順番】

下顎の切歯 ⇒ 上顎の切歯 ⇒ 下顎の前・後臼歯 ⇒ 上顎の前・後臼歯 ⇒ 下顎の犬歯 ⇒ 上顎の犬歯

このうち、前臼歯・後臼歯の一部は、犬歯の萌出(ほうしゅつ)のときに生える場合もあります。

マルチーズの歯の本数は?(何本抜ける?)

マルチーズの歯の本数は?(何本抜ける?)

アオサン / PIXTA(ピクスタ)

マルチーズ(犬)の歯の本数は乳歯で28本、生え変わりの時期には永久歯42本が生えてきて、乳歯と永久歯が入れ替わります。

しかし、マルチーズの場合、42本の歯が存在することはまれで、数本程度少ないのが普通です。

下の表にマルチーズ(犬)の歯の本数を切歯・犬歯・前臼歯・後臼歯ごとに示しますが、歯の本数は次の歯式によって示すこともできます。
(歯式は犬の顔を片側から見た時の歯の数を基本として数えます)

【乳歯の場合】

上顎の歯/下顎の歯=切歯3/3+犬歯1/1+前臼歯3/3+後臼歯0/0×2=28本

【永久歯の場合】

上顎の歯/下顎の歯=切歯3/3+犬歯1/1+前臼歯4/4+後臼歯2/3×2=42本

【マルチーズ(犬)の歯の本数】

【単位/本】【乳歯】【永久歯】
上顎下顎上顎下顎
切歯6666
犬歯2222
前臼歯6688
後臼歯0046
全体14142022

*乳歯の段階では前臼歯・後臼歯の区別がなく、すべて臼歯で乳臼歯という。

成犬の歯

【成犬の歯】
切歯=I1(第1切歯)~I3(第3切歯)
犬歯=C
前臼歯=P1(第1前臼歯)~P4(第4前臼歯)
後臼歯=M1(第1後臼歯)~M3(第3後臼歯)

マルチーズの歯磨きの仕方・オススメの歯ブラシは?

マルチーズの歯磨き①【歯磨きの仕方】

マルチーズの歯磨きの仕方・オススメの歯ブラシは?

ロン / PIXTA(ピクスタ)

早いと成犬にならないうちに歯の汚れが見られることも。

乳歯のうちから歯磨きができると理想的ですが、少なくとも乳歯の段階で口に触られることに慣らせるといいでしょう。

歯磨きの仕方【ステップ①】

マルチーズにおやつを与える時や体を撫でる時に何気なく指や手で愛犬の口元に触れ、口周りに触られることに慣らします。

歯磨きの仕方【ステップ②】

愛犬が口周りに触られることに慣れたら、指を口に入れてみる、唇を少しめくってみるなどしてみます。

歯磨きの仕方【ステップ③】

次に、ぬるま湯で湿らしたガーゼを指に巻いて、あるいは綿棒で歯を軽くこすってみましょう。

最初は切歯(前歯)から。徐々に奥歯へ移動します。

歯磨きの仕方【ステップ④】

歯磨きの仕方【ステップ④】

iStock.com/FotoDuets

愛犬が指ガーゼや綿棒に慣れたら歯ブラシへ移行します。

最初は歯ブラシの匂いを嗅がせたり、遊ばせたりし、瞬間的でも歯ブラシを口に入れることがあったなら褒めてあげましょう。

歯磨きの仕方【ステップ⑤】

小さなヘッドの歯ブラシで歯を磨いてみます。

切歯から始め、少しずつ犬歯や奥歯も慣らしていきます。

最初は歯の外側だけでも大丈夫。

徐々に裏側も磨けるようにしていきます。

マルチーズの歯磨き②【歯磨き嫌いになる原因】

マルチーズの歯磨き②【歯磨き嫌いになる原因】

iStock.com/nortonrsx

マルチーズが歯磨きを嫌う場合、以下のような理由が考えられます。

口に触られることに慣れていない
磨き方が強過ぎて痛い
歯ブラシが硬過ぎる、または大き過ぎる
歯や口の中にトラブルがあって違和感や痛みがある
無理強いされるので怖い

マルチーズの歯磨き③【歯磨きのポイント】

以上を踏まえ、歯磨きのポイントをいくつか記しておきましょう。

【ポイント】

【ポイント①】
歯磨きトレーニングでは、少しでも歯磨きをさせたら褒めて遊ぶなど“良いこと”とセットにすると効果的です。

【ポイント②】
歯ブラシが乾いていると口内粘膜に引っかかって嫌がることがあるので、歯ブラシは濡らして使うこと。
犬が好む肉汁や犬用の歯磨きペーストなどを使用するのもおすすめです。

【ポイント③】
自分の手や頬(ほほ)などに歯ブラシをあてて、愛犬の歯の磨き方の強さを確認してみましょう。

【ポイント④】
歯ブラシはマルチーズの口に合った小さいサイズで、ヘッドが小さくかつ柔らかめのものを。
人にとってのグリップ感も大事です。

【ポイント⑤】
愛犬の歯や口の中に異常がある時には、動物病院で診てもらいましょう。

【ポイント⑥】
犬の場合、歯垢が歯石に変化するのは3~5日程度なので、歯磨きは少なくとも1日おきにできれば毎日行なうのが理想的です。

【ポイント⑦】
中には歯肉が後退してしまうほど歯磨きをやり過ぎるケースも。
飼い主さんが意気込み過ぎて犬にストレスを与えませんように。

マルチーズが気をつけたい歯のトラブルや病気(歯周病)は?

マルチーズが気をつけたい歯のトラブルや病気(歯周病)は?

len4foto / PIXTA(ピクスタ)

マルチーズで気をつけたい歯科疾患には以下のようなものがあります。

マルチーズの歯のトラブル①【乳歯遺残(にゅうしいざん)】

犬の歯の生え変わりが終わっても乳歯が抜け落ちずに残っている状態で、俗に二枚歯とも言われます。

歯が重なることで汚れがたまりやすいことから歯周病のリスクが高くなります。

マルチーズの歯のトラブル②【歯周病】

マルチーズのような小型犬は顎に対して歯のサイズは意外に大きく、その分、歯と歯の間が狭くなっており、加えて乳歯遺残も起こりやすいため、歯垢・歯石が付着しやすく、歯周病になりやすい傾向にあります。

マルチーズの歯のトラブル③【顎骨骨折(歯周病に起因する)】

愛犬の歯周病が重度に進行した場合(特に下顎の第1後臼歯)、歯根周囲の骨が溶けて薄くなることから、少しの衝撃で顎の骨を骨折してしまうことがあり、特に小型犬の老犬に多いと言われています。

歯周病に起因する顎骨骨折の症例

【歯周病に起因する顎骨骨折の症例】写真提供:フジタ動物病院
大型犬では下顎の骨の底と比べ、歯の根尖(歯の根の先端部)が高い位置にあるのに対し、小型犬の場合はその両者がほぼ同じくらいの位置にあることが顎骨骨折のリスクを高くする一因と考えられる。

マルチーズの歯のトラブル④【欠歯】

本来あるべき歯がなく、通常の歯の本数より少ないものを「欠歯」と言い、特に、下顎の第2前臼歯や切歯に多く見られます。

マルチーズの歯のトラブル⑤【変形歯】

変形歯は犬の歯の形態異常であり、小型犬では永久歯が形成される過程で根分岐部に形態障害が生じることがあります。

犬の歯の構造

【犬の歯の構造】
「根分岐部」とは、歯の根である歯根が分岐する部分を指す(赤丸部分)。

マルチーズの歯のトラブル⑥【根尖周囲病巣(こんせんしゅういびょうそう)】

破折(はせつ)や咬耗(こうもう)による歯髄の露出、歯周病、歯の吸収病巣、う蝕(虫歯)、変形歯などによって犬の歯の根尖周囲に炎症が起きた状態を指します。

マルチーズでは「歯周病」や「変形歯」由来のものに注意が必要です。

マルチーズの歯のトラブル⑦【内歯瘻(ないしろう)/外歯瘻(がいしろう)/口腔鼻腔瘻(こうくうびくうろう)】

犬の根尖周囲病巣が進行した場合、膿の排出路である瘻管(ろうかん)が作られ、その出口である穴が口腔内や皮膚、鼻腔と口腔とを隔てる骨などに開いてしまうことがあります。

マルチーズの歯のトラブル⑧【不正咬合】

乳歯遺残や歯の萌出異常、外傷、遺伝などによって歯の生え方が乱れ、歯並びや噛み合わせが悪くなることがあります。

マルチーズの歯並び・噛み合わせが悪い場合は矯正が必要?

マルチーズの歯並び・噛み合わせが悪い場合は矯正が必要?

ichigo / PIXTA(ピクスタ)

愛犬の歯の噛み合わせや歯並びやが悪く、そのために咀嚼(そしゃく)の問題や、不正な歯が口の中を傷つけるなどの問題が見られる場合、または将来的にそれが予想される場合には、歯の位置を調整する矯正が行なわれることもあります。

この処置は永久歯が完成しきる生後1年くらいまでの間に行なうのが望ましく、それ以降は少々難しくなります。

マルチーズの歯のトラブルに保険は使用できる?

マルチーズの歯のトラブルに保険は使用できる?

Amaviael / PIXTA(ピクスタ)

犬の歯科治療が補償対象となるかどうかはペット保険によってそれぞれです。

一切対象外となるペット保険や、歯周病は対象となるもの、乳歯遺残の抜歯は対象外であるものの、それによる他の歯科疾患があり、治療の一環として行なうのあれば補償対象となるなど違いがあるので、ペット保険の加入を考える場合には、それぞれのペット保険の補償内容や条件をよく比較してみてください。

なお、ペット保険では基本的に予防医療は補償対象外となるため、予防的な「歯垢・歯石除去」のような処置は補償されません。

マルチーズの歯のまとめ

マルチーズの歯のまとめ

Taka / PIXTA(ピクスタ)

たとえば、歯周病のような歯科疾患では口の周りの汚れが目立つようになることがあります。

マルチーズは純白の被毛をもっているだけに、そうした汚れはより目立つはず。

口臭が強い、よだれが多い、頭を頻繁に振る、ごはんを口からこぼすなども歯科疾患が疑われるサインです。

日頃のお手入れの中で、そうした異変にも気づけるようにしましょう。

また、歯周病根尖周囲病巣(こんせんしゅういびょうそう)など、愛犬に歯のトラブルが生じた際には、重度の症状になる前に、早めに動物病院の獣医師に診てもらいましょう。

【併せて読まれている病気・医療関連の記事】
         ↓ ↓ ↓

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING