寒さ?それとも病気?犬がブルブル震える5つの理由とその対処法

愛犬がブルブルと震えている様子を見て、「寒いのが原因かな?」と最初は思うかもしれません。しかし、犬が震える理由は寒さだけではないのです。場合によっては、犬が何らかの病気にかかっている可能性があります。寒さ以外の震える原因には、どのようなものがあるのでしょうか?

震える理由その①~寒さに耐える

人間が寒い環境にいるとき、体を震わせて体内の熱を生み出して体温調整しますが、犬も同様です。犬が寒さを感じ取ると、低体温にならないように体を小刻みにぶるぶる震わせて、熱を補おうとします。特に子犬や高齢犬、シングルコートの犬種などは寒さに対する抵抗力が低いため、一生懸命、体温調節をするために“震え”を起こすのです。

愛犬の震えが、寒いときや風に吹かれたときなどの限定的なものであれば、寒さに耐えるために震えているのが理由と考えましょう。

犬が寒がるときの対処法

・寒さをしのげるような洋服を着せる
・外気温が暖かい時間帯に、散歩をする
・犬が移動する室内間の温度差をなくす


寒がりの犬にとって夜間の冷えは、大敵。暖かいブランケットを掛けてあげたり暖房器具を利用したりして、寝床が極端に寒くならないよう、対処しましょう。

震える理由その②~ストレス

人間も日々ストレスを受けるように、犬も毎日の暮らしの中でさまざまなストレスを受けています。飼い主にしてみれば何ともない出来事であっても、犬の性格によっては大きなストレスの原因になり、震えが止まらなくなることさえあるのです。

ストレスの原因として、音やにおい、初めての場所や人、自然現象などが挙げられます。

ストレスの原因となる音

敏感な犬は、毎日の掃除機の音やテレビの音、ドアを閉める音、家の前を通る車の騒音など、一つ一つの音に反応して震えてしまうことがあります。

ストレスの原因となるにおい

一口ににおいといっても、人間にとって心地良い香りから健康を害するタバコの副流煙など、いろいろなものがあります。そんなにおいの中でも人間が避けるようなにおいを犬に嗅がせないことは当たり前なのですが、意外と気付かずに犬にストレスを与えているにおいがあるのです。

例えば、アロマ(精油)を室内で香らせている場合は、注意が必要です。犬にとってアロマの香りが禁忌(きんき)になっていることがあります。他にも、調理中に漂う油のにおいなどもストレスの原因になりかねません。

初めての場所や人は大きなストレス原因に

初めて犬を車に乗せる、初めての散歩道に行く、初めてドッグランに行く、(犬にとって)知らない人が家に出入りする……。“初めて”の場所や人は犬にとって大きなストレス原因になることがあります。

自然現象でも震える

自然現象の中で、犬が最もストレスを感じるのは雷です。犬には地面からの電気をキャッチする能力があるといわれており、「雷が落ちると火災を生み出して自分の生命に危機が及ぶ」という本能が刷り込まれています。従って、さほど神経質な犬でなくてもぶるぶると震えたり、家具の後ろなどのすき間に潜り込んだりしようとすることがあります。

ストレスで震える際の対処法

・ストレスの原因になる音をできるだけ小さくする
・室内ににおいがこもらないように換気をし、空気清浄機を利用する
・アロマ(精油)を使用する場合は、犬の禁忌(きんき)アロマを調べる
・初めての環境や自然現象で震える際は、静かに抱っこして落ち着かせる


犬がどんな場面で震えるのかを見極めて、過剰なストレスを与えないような環境づくりを心掛けましょう。

震える理由その③~低血糖症

もし、寒さやストレスとは関係なしに犬が震えているなら、低血糖症(血糖値が低くなる状態)を疑ってください。犬の年齢によっても異なりますが、低血糖症を起こす原因は寒過ぎる環境や激しい運動、空腹、興奮、肝臓機能低下などの病気が挙げられます。犬が低血糖症になると震えやけいれん、元気の喪失、失明などの症状を起こし、場合によっては意識を失ってしまうことすらあります。

低血糖症の疑いで震える際の対処法

・風の強い日や寒い日は、散歩中に体温低下を起こさないよう、配慮する
・激しい運動を避ける(特に大型犬は注意)
・空腹時間を極端に空け過ぎない
・震えが頻繁に起きるなら、まずは動物病院へ

震える理由その④~中毒症状

普段、ほとんど震えることのない愛犬が突然震え出して様子がおかしかったら、中毒症状を疑ってください。

除草剤、農薬、樹木の肥料、害虫駆除剤、腐った食べ物、他の動物の吐しゃ物、タバコの吸い殻、お菓子、木の実など、犬の散歩道には、中毒症状を起こす危険物質がたくさんあることを知っておきましょう。除草剤や農薬、害虫駆除剤が足の裏から吸収されて中毒症状を起こすこともあるので、震えの他におう吐や下痢、よだれを垂らすなどの症状があれば、中毒の可能性があります。

他にも、室内に置いた害虫駆除剤や床用ワックス、洗剤類などにも注意しましょう。特に1歳程度までの犬は、飼い主の目の届かない所で落ちているものを何でも口にしてしまう習性があるので、より強い注意を払ってください。

中毒症状の疑いで震える際の対処法

・食べてはいけないものを犬に教える
・幼いうちは散歩道に落ちているものに注意し、事前に回収しておく
・田畑や樹木に近寄らせない
・犬の届く範囲に害虫駆除剤や洗剤などは絶対に置かない


震えやおかしな様子が見受けられたら、すぐに動物病院へ行きましょう。

震える理由その⑤~ホワイト・ドッグ・シェイカー・シンドローム

ホワイト・ドッグ・シェイカー・シンドロームという免疫疾患の病気があります。白い犬に多く見られるため、この病名が付けられました。

なぜ、白い被毛を持つ犬が震えるのか、原因は不明ですが、自己免疫の神経伝達が上手くいかずに震えるのではないか……と考えられています。また、特に小型犬に発症しやすく、好発犬種もわかっており、マルチーズ、ビーグル、プードル、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアに多く発症します。興奮時や眠っているときにぶるぶると全身が震えるのが特徴です。

ホワイト・ドッグ・シェイカー・シンドロームの疑いで震える際の対処法

動物病院でMRI検査などの診断を受けてください。被毛の白い愛犬が、これといった原因もないのにぶるぶると震えていたら、ホワイト・ドッグ・シェイカー・シンドロームの可能性を視野に入れて、まずは動物病院で診察を受けてくださいね。
※ステロイドの投与や精神安定剤で改善する可能性があります。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING