【獣医師監修】犬が長芋を食べても大丈夫?生や皮は?かゆみの原因や注意点や許容量は?

とろろにしてかけたり、サラダとして食べたりと、食感も楽しい長芋。ネバネバしていて健康にいいイメージがありますが、犬は長芋を食べても大丈夫なのでしょうか?今回は、犬に長芋を与える際の注意点や効果、特徴などを詳しく解説します。

【獣医師監修】犬が長芋を食べても大丈夫?生や皮は?かゆみの原因や注意点や許容量は?
出典 : grace / PIXTA(ピクスタ)
先生にお聞きしました
徳本 一義 先生
ペット栄養学会理事。小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。
獣医師 MBA(経営学修士)

ヘリックス株式会社 代表取締役社長

【資格】
獣医師

【所属】
ペット栄養学会 理事
一般社団法人ペットフード協会 新資格検定制度実行委員会 委員長
日本獣医生命科学大学 非常勤講師
帝京科学大学 非常勤講師
など

大学卒業後、小動物臨床に従事。

その後、ペットフードメーカーに入社し、小動物臨床栄養学に関する研究、情報発信を中心とした活動を行う。

現在は、獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動。ペットの栄養に関する団体の要職を務める。

自宅で9頭の猫と暮らす愛猫家。
続きを読む

犬が長芋を食べても大丈夫!

犬が長芋を食べても大丈夫!

iStock.com/alexei_tm

犬は長芋を食べても大丈夫です!

長芋は、とろろにしたり、生のままサラダにしたり、輪切りにして焼いたり、お好み焼きに入れたりと、いろいろなレシピに活用できますよね。

ちなみに、長芋と混同しがちな「山芋」とは、長芋や大和芋、自然薯などを含むヤマノイモ科の総称で、「長芋」はヤマノイモ科ヤマノイモ属の一種です。

スーパーなどでよく「山芋」として売られているのは、イチョウの葉のような形をした「大和芋」が多く、長芋より水分が少なく粘りが強いのが特徴です。

いずれにしろ、長芋を含め「山芋」はどれも、栄養価はほとんど同じです。

愛犬 長芋 山芋 かゆい

iStock.com/tap10

犬が長芋を食べても大丈夫ですが、山芋や里芋オクラ納豆のように粘り気のある食べ物を好まない犬もいます。

また、長芋が皮膚に付いてかゆがるそぶりを見せるようなら、与えるのをやめましょう。

【子犬・老犬】が長芋を食べても大丈夫?

【子犬・老犬】が長芋を食べても大丈夫?

L.S.M / PIXTA(ピクスタ)

子犬や老犬が長芋を食べても大丈夫です!

ただし、子犬が初めて食べたときは、食べた後に下痢や嘔吐をしないか、子犬の様子をよく観察しましょう。

犬が【生】の長芋を食べても大丈夫?長芋の【皮】は?

犬に【生】の長芋を食べても大丈夫?長芋の【皮】は?

和尚 / PIXTA(ピクスタ)

犬が「生」の長芋を食べても大丈夫です!

じゃがいもさつまいもなど、ほとんどのイモのでんぷんは生だと消化が悪く、食べられません。

ところが、長芋にはジアスターゼという消化酵素が含まれているため、生で食べることができます。

ちなみに、このジアスターゼは大根にも含まれています。

また、人間用の料理でも長芋を皮付きのまま焼いて食べることがあるように、犬が長芋の「皮」を食べても特に問題はありません。

長芋の【特長】、犬への【効果】は?

長芋の特長・効果【整腸作用】

長芋の特長・効果【整腸作用】

mraoraor / PIXTA(ピクスタ)

長芋は、他の野菜と同様、水溶性と不溶性、両方の食物繊維を含んでいます。

水溶性食物繊維は腸の中で常在菌の栄養となって整腸作用を発揮するのに対して、不溶性食物繊維は腸を刺激して便通を促進。

どちらも、腸の調子を整えるのに役立ちます。

ただし、愛犬の下痢が続くときは自己判断せず、まず動物病院で相談しましょう。

犬に長芋を与える際の注意点!

長芋の注意点①【シュウ酸カルシウムによるかゆみ】

長芋の注意点①【シュウ酸カルシウムによるかゆみ】

MIKO / PIXTA(ピクスタ)

長芋が皮膚に付くと、痛がゆくなることがありますよね。

これは、長芋に含まれているシュウ酸カルシウムの結晶が皮膚に刺さるため。

犬も同じで、長芋が皮膚につくとかゆがることもあるため、愛犬が食べたときにそういうそぶりを見せるようなら、与えるのをやめましょう。

長芋の注意点②【アレルギー】

長芋の注意点②【アレルギー】

iStock.com/urbazon

野菜のアレルギーは、犬では報告が少なく、そこまで心配する必要はありません。

長芋を食べた後に、体をかゆがる、皮膚の一部が赤くなる、下痢や嘔吐をするなど、体調に不安を感じたら、動物病院で相談しましょう。

犬に長芋を与える際の【許容量】は?

犬に長芋を与える際の【許容量】は?

ひろ / PIXTA(ピクスタ)

ペットフード公正取引協議会の指針によると、犬のおやつや間食は、原則として1日当たりの給餌量(カロリー)に対して、多くても20%までに抑えることが望ましいとされています。

その実際の分量は、避妊・去勢をした健康な成犬の場合、以下です。

【犬に与えてもいい長芋の目安量】

【犬のサイズ(体重)】【1日のエネルギー要求量】【1日に与えてもよい間食の最大エネルギー量】【1日に与えてもよい長芋(生)の最大重量】
小型犬(5kg)374kcal74.8kcal115.1g
中型犬(15kg)854kcal170.8kcal262.8g
大型犬(30kg)1436kcal287.2kcal441.8g

長芋100gとは、長さ5cm分ぐらいの量です。

ただし、愛犬が長芋を食べすぎてお腹がいっぱいになり、主食を食べられなくならないよう、注意しましょう。

犬に与える長芋のまとめ

犬に与える長芋のまとめ

アオサン / PIXTA(ピクスタ)

犬は長芋を食べても大丈夫です!

生で食べたり、皮を食べたりしても、特に問題ありません。

長芋は、他の野菜と同様、食物繊維を含んでおり、腸の調子を整える作用が期待できます。

ただし、長芋が愛犬の皮膚に付いてかゆがるようなら、与えることは控えましょう。

愛犬の健康を守れるのは飼い主だけです。

正しい知識を持って、毎日の愛犬の食生活に取り入れてみてくださいね。

【併せて読まれている人気のおすすめ記事!】
        ↓ ↓ ↓

みんなのコメント

チビ太郎さん
情報ありがとうございます。食事量が多く出来ない病気なので 試してみます。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING