ケージを上手に活用して犬が過ごしやすい環境をつくる!今すぐ実践できる工夫術

犬の個室とも呼ぶべきケージ。初めは入るのを嫌がることもありますが、犬にとって安心してくつろげる場所がケージです。今回は犬が安心してケージで過ごせる置き場所はどこなのでしょうか。

ケージは人がいる場所に置いてあげよう

一口に家の中といっても玄関や居間、寝室などいろいろな場所があります。その中でもケージは人がよくいるリビングなどに設置してあげるのがおすすめ。犬は元々群れで行動していた動物なので、一人ぼっちは苦手なもの。人の姿が見える場所だと安心して過ごせます。

といっても人がたくさんいるような騒がしい場所に置くのは安眠できないためNG。リビングの中でも人通りの少ない隅の方に設置するのがよいでしょう。人の出入りが激しいの場所も、犬が落ち着かないためドアの付近などは避ける方が賢明です。

人が眠るときにはケージごと寝室へ移動させてあげるのもよいですね。

置く場所の暑さや寒さも考えよう

次は置き場所の環境について考えてみましょう。

人間でも暑過ぎたり寒過ぎたりする場所では落ち着かないですよね? ケージの置き場所は日当たりが良く、風通しの良い場所にしてあげましょう。

犬は寒さには強いですが暑さには弱い動物です。暖房器具は毛布などを入れてあげれば大丈夫ですが、夏場はケージ周りが暑くなり過ぎないようにしてあげる工夫が必要です。熱中症になることのないよう必要があれば冷房が付けられる場所にケージを置いてあげましょう。季節によって過ごしやすい場所にケージを移動してあげるのも良い手段です。

トイレとケージは一緒にしてもいい?

ケージの設置と同時に考えないといけないのはトイレの置き場所。トイレは犬にとって無防備な状態を晒す行為になるため、トイレも安心できる場所に置いてあげなければいけません。ケージとトイレは同じ場所に置いても構いませんが、寝床とトイレがはっきりと分かれるような配置にしてあげましょう。

またトイレとケージを同じ場所にすると、犬がトイレに失敗してしまうケースがあります。こういう場合は室内の別の場所にトイレを設置したりトイレをさせてからケージから出したりするとよいでしょう。なお犬にも個体差があります。きれい好きな犬の場合もトイレとケージは別にしてあげましょう。ストレスになる場合があります。

今すぐ実践! ケージの置き方の6つの工夫

ケージの置き方を少し工夫するだけで、居心地の良さが変わることもあります。そんな裏ワザをいくつかご紹介しましょう!

①ケージの下に段ボールや発泡スチロールを引き寒さ対策をする。
②畳の部屋は犬の爪でぼろぼろになるので避ける。
③フローリングは滑る可能性があるためラグかカーペットを敷く。
④窓際は暑さや寒さが厳しくなるため避ける。
⑤小屋の一部に布をかけると安心しやすい場所ができる。
⑥慣れるまでは母犬や飼い主のにおいが付いた布類を入れてあげましょう。

ケージを好きになれるかどうかは最初のトレーニングが肝心。「ケージに入ると良いことがあるんだ!」と犬に覚えてもらうのが一番です。慣れるまではケージの中に少しおやつを入れてあげるのもいいかもしれません。

飼い主も愛犬も過ごしやすい生活ができるよういろいろと工夫をしましょう。

みんなのコメント

ナナママさん
昨日からポメラニアンを飼っています。まだ3ヶ月でほぼ寝てると言われたが寝ません。ゲージの置き場所を読ませていただき納得です。リビングのテレビの脇、さらに人が一番通る所にゲージを置いていました。 すぐに変えます。 ありがとうございました。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING