【獣医師監修】犬がアスパラガス(生)を食べても大丈夫?メリットや注意点(アレルギー)適量は?

春野菜のひとつとして知られるアスパラガス。疲労回復の効果があると言われているアスパラガスを愛犬に食べさせたいと思う飼い主さんも多いのではないでしょうか?犬にアスパラガスを食べさせても大丈夫なのでしょうか?愛犬にアスパラガスをあげる際のメリット(栄養素)や注意点、適量など役立つ知識を詳しく解説します。

先生にお聞きしました
徳本 一義 先生
ペット栄養学会理事。小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。
獣医師 MBA(経営学修士)

ヘリックス株式会社 代表取締役社長

【資格】
獣医師

【所属】
ペット栄養学会 理事
一般社団法人ペットフード協会 新資格検定制度実行委員会 委員長
日本獣医生命科学大学 非常勤講師
帝京科学大学 非常勤講師
など

大学卒業後、小動物臨床に従事。

その後、ペットフードメーカーに入社し、小動物臨床栄養学に関する研究、情報発信を中心とした活動を行う。

現在は、獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動。ペットの栄養に関する団体の要職を務める。

自宅で9頭の猫と暮らす愛猫家。
続きを読む

犬がアスパラガスを食べても大丈夫!

犬が【アスパラガス】を食べても大丈夫!

プラナ / PIXTA(ピクスタ)

常識的な量であれば、犬がアスパラガスを食べても問題ありません。

アスパラガスはアスパラギン酸、カリウム、ルチンを多く含んでいます。

トマトかぼちゃセロリの葉などと同様に、高い抗酸化作用を持つβカロテンも豊富に含有しています。

グリーンアスパラガスの方がホワイトアスパラガスよりも栄養価が高く、茹でるよりも、焼いたり炒めたりする方がビタミンの損失を防げます。

ちなみに、新しい品種であるアスパラ菜は、ブロッコリーキャベツ大根などと同じアブラナ科の野菜です。

また、愛犬にアスパラガスを与える際は。マヨネーズやコショウなどの味付けはせず、普段のご飯のトッピングやおやつとしてあげましょう。

【参照元】文部科学省「食品成分データベース」

【子犬・老犬】にアスパラガスを与えても大丈夫?

子犬や老犬に【アスパラガス】を与えても大丈夫?

HIME&HINA / PIXTA(ピクスタ)

子犬や老犬がアスパラガスを食べても大丈夫です。

子犬に小さく刻んだアスパラガスを食べさせても問題ありません。

子犬期には、しっかりとした筋肉や強い骨を作らなければなりません。

そのため、子犬のご飯は高タンパクで高カロリーな食事がベスト。

もし、アスパラガスを与えるのであれば、主食を十分に食べられるように、ごく少量にとどめておいてください。

また、初めて食べさせる時は、食べた後に下痢や嘔吐をしないか、子犬の様子をよく観察しましょう。

老犬 食事 

iStock.com/PK-Photos

老犬にもアスパラガスは食べさせても問題ありません。

老犬は喉の渇きを感じにくくなります。

そのため、水分が92%ほど含まれるアスパラガスを、茹でたりしてドライフードのトッピングやおやつとして与えれば、水分補給にもなります。

老犬が飲み込みやすいように、アスパラガスは熱を加えて柔らかくしたり、一口サイズに切ったりしましょう。

【参照元】文部科学省「食品成分データベース」

犬に【生】のアスパラガスは食べさせても大丈夫?

犬に生の【アスパラガス】は食べさせても大丈夫?

yukimco / PIXTA(ピクスタ)

犬に生のアスパラガスを食べさせても大丈夫です。

犬に生のアスパラガスを食べさせるときは、硬い根元は取り除き、喉に詰まらないように小さく切りましょう。

ただ、全般的に野菜は火を通したほうが、栄養を吸収しやすくなります。

生のアスパラガスを食べさせても問題ありませんが、焼いたり茹でたりしたほうが消化しやすいので、愛犬にアスパラガスを与えるのであれば火を通すことをおすすめします。

犬にアスパラガスを与える【メリット・効果】は?

アスパラガスのメリット・効果①【皮膚や粘膜を強化】

アスパラガスのメリット・効果①【皮膚や粘膜を強化】

iStock.com/elenaleonova

アスパラガスに多く含まれるβカロテンには、皮膚や粘膜の強化を促してくれる作用があります。

成長期の子犬をはじめ、成犬やシニア以降の犬の健康維持に期待できるでしょう。

【参照元】文部科学省「食品成分データベース」

アスパラガスのメリット・効果②【利尿作用】

アスパラガスのメリット・効果② 【利尿作用】

mits / PIXTA(ピクスタ)

アスパラガスに多く含まれるカリウムは、利尿作用があり、むくみの改善に役立ちます。

また、代謝を促す効果もあります。

腎臓の働きが弱いと尿によってカリウムが排出されにくくなるため、慢性腎臓病を治療中の愛犬にアスパラガスを与える際は、かかりつけの獣医師へ相談しましょう。

【参照元】文部科学省「食品成分データベース」

アスパラガスのメリット・効果③【ダイエット】

アスパラガスのメリット・効果③ 【ダイエット】

iStock.com/Nail Galiev

アスパラガスには、多くの食物繊維が含まれています。

食物繊維は、低カロリーで満腹感を感じられるというメリットがあります。

肥満傾向の犬やダイエットが必要な犬には、ドライフードのトッピングやおやつで、茹でたアスパラガスを与えてみるのも良いでしょう。

【参照元】文部科学省「食品成分データベース」

犬にアスパラガスを与える場合の【注意点】!

アスパラガスの注意点①【アレルギー】

アスパラガスの注意点①【アレルギー】

midori_chan / PIXTA(ピクスタ)

アスパラガスはアレルゲンになりにくい野菜です。

しかし、愛犬がアスパラガスを食べた後に、下痢や嘔吐、顔や口の周りをかゆがるといったアレルギー症状が見られたら、与えるのをすぐにやめてください。

何度も嘔吐や下痢が続くようならば、動物病院で診てもらうようにしましょう。

アスパラガスの注意点②【食物繊維】

アスパラガスには食物繊維が豊富に含まれています。

愛犬が下痢や軟便にならないよう、アスパラガスを与える際には少量にとどめ、食べた後の様子が普段と変わらないか、よく見てあげましょう。

犬にアスパラガスを与える際の【適量】は?

犬に【アスパラガス】を与える際の適量は?

Yuliia / PIXTA(ピクスタ)

食物繊維や水分が豊富な野菜類を食べ過ぎると、軟便や下痢を起こす犬も少なくありません。

犬のおやつや間食は、1日の給餌量(カロリー)のうちの20%程度までに抑える必要があります。

しかし、野菜のようにカロリーが低い食材の場合、20%まで与えてしまうと、かなりのボリュームになってしまい、現実的ではありません。

愛犬がおやつや間食で、お腹がいっぱいになり主食を十分食べられないということが起きないように、アスパラガスは、少量のトッピングやおやつが適量です。

【参照元】環境省「飼い主のためのペットフード・ガイドライン」

犬に与えるアスパラガスのまとめ

犬に与える【アスパラガス】のまとめ

YUMIK / PIXTA(ピクスタ)

βカロテンやカリウムを豊富に含むアスパラガスは、犬に与えても問題ありません。

愛犬の喉に詰まらないように小さく刻むか、茹でたり焼いたりして火を通してから与えましょう

春から夏にかけての旬の時期、飼い主さんがアスパラガスを食べる際には、愛犬にも味付け前の状態で少し取り分けてあげるとよいですね。

愛犬の健康を守れるのは飼い主だけです。正しい知識を持って、旬の野菜の味を愛犬と一緒に楽しみましょう。

【参照元】『小動物の臨床栄養学 第5版』(マーク・モリース研究所発行、監訳:岩﨑利郎、辻本元)2014年インターズー

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「食べ物」の人気記事RANKING