【獣医師監修】ボーダー・コリーの平均寿命、最高齢は何年?病気や老化を予防し、寿命を延ばす秘訣!

すべての犬種の中で最高の知能指数を誇ると名高い、中型犬のボーダー・コリー。心身ともに充足感を与えることが、ボーダー・コリーの寿命を延ばす秘訣と言えそうです。イギリス原産の牧羊犬、ボーダー・コリーの平均寿命や最高齢、寿命を縮める要因、かかりやすい病気、寿命を延ばす秘訣などについて解説します。

【獣医師監修】ボーダー・コリーの平均寿命、最高齢は何年?病気や老化を予防し、寿命を延ばす秘訣!
出典 : will&be / PIXTA(ピクスタ)
先生にお聞きしました
菅野 晶子 先生
【学歴】
日本獣医畜産大学(現日本獣医生命科学大学)卒業
Royal Academy of Homoeopathy卒業
新宿鍼灸柔整専門学校卒業

【専門分野】
Aki Holistic Veterinary Care にて
◇鍼灸
◇ホメオパシー
◇ホモトキシコロジー
◇CCLT(Crystal Color Light Therapy)
◇漢方
などを用いたホリスティックケア

【資格】
獣医師
◇鍼灸師
◇日本獣医ホメオパシー認定医

【所属団体・学会】
一般財団法人 比較統合医療学会
一般社団法人 日本獣医ホメオパシー学会
日本ペット中医学研究会

【著作物】
犬の臨床鍼灸学テキスト
(比較統合医療学会 犬の臨床鍼灸学テキスト編集委員会 編著)

【飼ってる動物】
雑種犬1頭(ウメ)
雑種猫2頭(あさり・うにお)

【ペット歴】
36年

【職業上でのペットとのかかわり】
縁あって家族になった動物達が飼い主さんと幸せに生涯を全うできるようお手伝いしたく、日々精進中です。
続きを読む

ボーダー・コリー【平均寿命】は何年?

ボーダー・コリーの平均寿命は何年?

Frank11 / PIXTA(ピクスタ)

ボーダー・コリーは大型犬に近いサイズの中型犬です。

大型犬よりも中型犬、中型犬よりも小型犬のほうが長生きする傾向にあります。

ボーダー・コリーの平均寿命は、10~14歳位でしょう。

大きさは個体差があり、中型犬サイズの小さめのボーダー・コリーでは15歳以上生きるケースも少なくありません。

ボーダー・コリーの平均寿命【人間に換算】すると何歳?

ボーダー・コリーの平均寿命を人間に換算すると何歳?

iStock.com/vyasphoto

ボーダー・コリーの平均寿命が13歳だとすると、人間に換算すると68歳ほどになります。

ボーダー・コリー【最高齢】は何歳?

ボーダー・コリーの最高齢は何歳?

DvorakVero / PIXTA(ピクスタ)

ギネスに認定されている犬の最高齢は、オーストラリアン・キャトル・ドッグの29歳。

ボーダー・コリーも、17歳まで生きた犬がいると言われています。

ブリーダーによる遺伝病のコントロール、獣医療の進歩、健康診断の普及、さらにはドッグフードの品質向上などによって、ボーダー・コリーの寿命は延びてきています。

【参照元】Guinness worldrecords,Oldest dog ever

ボーダー・コリー【寿命を縮める】要因は?

ボーダー・コリーの寿命を縮める要因は?

tkyszk / PIXTA(ピクスタ)

羊の群れをまとめて広い牧場を長時間走り回るのが、ボーダー・コリーの仕事。

このタイプの牧羊犬は、高い運動欲求を持ちます。

どうやったら羊の群れをうまく動かせるかを、ボーダー・コリー自身が考えて行動するので、全犬種の中で最高峰の知能指数を持っているともいわれています。

ボーダー・コリーの寿命を縮める要因は?

iStock.com/AvanHeertum

ボーダー・コリーは、ワーカホリックなアスリートと称しても過言ではありません。

そのため、ボーダー・コリーには毎日、頭脳を使う遊びやトレーニングの時間と、豊富な運動量を提供するのがマスト。

心身ともに刺激のない生活ではストレスが溜まり、健康を損ねてしまう場合もあります。

ボーダー・コリーが長生きするために【注意すべき病気は?】

ボーダー・コリー「注意すべき病気」①【眼疾患】

注意すべき病気①眼疾患

iStock.com/stone18

ボーダー・コリーはコリー特有の眼の異常である「コリー・アイ(コリー眼異常)」を先天的に持っている可能性があります。

コリー・アイは、脈絡膜の形成不全、視神経の形成不全、視神経乳頭の欠損などがある状態で、軽度の場合はとくに症状がありませんが、重症になると視覚を失うケースもあります。

有効な治療法はありませんが、一生に一度で済む眼底検査などをとおしてコリー・アイだとわかった場合は、生活の注意点などを獣医師に聞いて対策を考えてください。

眼疾患に注意が必要なボーダー・コリー

iStock.com/weible1980

コリー・アイ同様に遺伝的な要因が関係する「進行性網膜萎縮症(PRA)」にも、ボーダー・コリーはかかる可能性があります。

夜に見えにくいといった初期症状で、飼い主は気づきやすいでしょう。

最終的には失明する病気で、予防法や治療法は残念ながらありません。

加齢性の白内障に、ボーダー・コリーは他犬種と比べてかかりやすい傾向にあります。

犬の白内障は、点眼薬による内科治療や外科手術が可能です。

ボーダー・コリー「注意すべき病気」②【セロイドリポフスチン症(CL)】

注意すべき病気②セロイドリポフスチン症(CL)

iStock.com/Studio-Annika

「セロイドリポフスチン症(CL)」は、中枢神経の変性によって脳に老廃物のセロイドリポフスチンが溜まってしまうことで、小脳に障害が生じる病気です。

運動機能の低下や異常行動が症状で、2~4歳までに死亡する確率が高い遺伝性疾患です。

「セロイドリポフスチン症(CL)」の治療法は確立されていません。

特にボーダー・コリーに多く発症したため、遺伝子検査によるブリーダーの繁殖管理が海外を始め徹底して行われ、現在では発症する犬はかなり減少しました。

ボーダー・コリー「注意すべき病気」③【腫瘍】

注意すべき病気③腫瘍

iStock.com/FatCamera

ボーダー・コリーは良性も含めて「腫瘍」ができやすい犬種のひとつです。

コリー系の犬種は、鼻腔内の腫瘍が他犬種より多い傾向が見られます。

そのほか、肥満細胞腫、悪性リンパ腫など、あらゆる悪性腫瘍にかかる可能性があるので、レントゲン検査や超音波検査を含む健康診断を定期的に受診して、早期発見と早期治療に努めたいものです。

ボーダー・コリー【高齢犬(シニア犬)】になったら起こることと対処法!

ボーダー・コリーが高齢犬(シニア犬)になったら起こること

take / PIXTA(ピクスタ)

ボーダー・コリーと暮らす目的として、一緒にドッグスポーツを楽しみたいという方も少なくないでしょう。

若い頃からドッグスポーツをしてきたボーダー・コリーは、シニアになると足腰の衰えによって自分の体が思うように動かないことにストレスを感じるかもしれません。

まだ元気に見えても、シニア期に入る7~8歳頃にはドッグスポーツの練習量や負荷を軽減して、徐々に運動量を減らしていくようにしましょう。

ジャンプなどは少しずつ控えて、膝の靱帯断裂などを予防するようにしたいものです。

シニア期以降は白内障にもなりやすいでしょう。

定期的に眼科の健診を受けて、早期発見と早期治療を心がけられれば安心です。

ボーダー・コリー【健康寿命を延ばす】秘訣やポイントは?

ボーダー・コリーの健康寿命を延ばすポイントや秘訣は?

Takeshi Matsumoto / PIXTA(ピクスタ)

ボーダー・コリーは、生涯にわたって高い作業意欲を持ち続ける犬種です。

筋力が落ちて体を動かしにくくなったボーダー・コリーには、ノーズ・ワークを、自宅の室内で取り組ませてあげましょう。

ノーズ・ワークは、雨で散歩に出られない時や、視力が落ちたり足腰が衰えた犬でも楽しめるため、ボーダー・コリーの老犬生活に充足感を与えてあげられます。

老齢になっても、ボーダー・コリーには新しいことを挑戦させて頭脳を使わせてあげたいものです。

軽い筋トレやエクササイズにもなるようなトリックをトレーニングすれば、心身ともに心地よい刺激を提供できます。

ボーダー・コリー【鍼灸やマッサージ】でアスリート系の犬種のケアを!

ボーダー・コリー、鍼灸やマッサージでアスリート系の犬種のケアを!

iStock.com/GeorgePeters

ドッグスポーツを引退したボーダー・コリーだけでなく、すべてのボーダー・コリーの健康寿命の延伸のために、鍼灸で血行促進を促し、マッサージで筋肉をほぐしてあげるのもおすすめです。

鍼灸は東洋医学を取り入れている動物病院で、行うことになるでしょう。

愛犬のマッサージは飼い主とのスキンシップタイムにも最適で、幸せホルモンとも呼ばれるオキシトシンの分泌も促せるため、免疫力アップにもつながります。

ぜひ若齢のうちから、こうしたケアを日課にしてあげてください。

ボーダー・コリー【平均寿命】まとめ

ボーダー・コリー「平均寿命」まとめ

iStock.com/Ocskaymark

頭を使うことも体を動かすことも大好きな、ボーダー・コリー。

牧羊犬ならではの特性を理解して、心身ともに満ち足りる日々を過ごさせてあげましょう。

そうすれば、ボーダー・コリーの健康寿命をぐんと延ばしてあげられるに違いありません。

みんなのコメント

しょうさん
初めまして、私は今13歳の女の子のボーダーコリーと一緒に暮らしています。2年前に21年間住みなれていた、オーストラリアのクィンズランド州から、日本の地元北九州市に帰国しました。母が老齢の為、決断してこちらに戻ってきたのですが、あちらで家族として生活していた、この子も一緒に難しい検疫や税関の手続き等ありましたが、長旅も終え無事に日本に到着できました。ここ最近ですが、朝夕のお散歩のとき、めっきり歩く速度がトボトボと遅くなり、否が応でも彼女の老いが迫っている現実を認識したくない自分がいます。本当に、いつも側にいるので、当たり前になっていますが、この8月末で14歳のお誕生日を迎えます!今は、食事の制限をしていて、なるべく肥満させないように気をつけていますが、大好きなバナナや犬用のおやつは、あげています(苦笑)あと、どれだけ一緒にいられるか考えると淋しくなってきますので、今この時を楽しく過ごしていきたいです。
まりさん
16歳2ヶ月の女の子のボーダーコリーと暮らしています。 2年くらい前にけいれん発作(老化による)があり、それから薬を飲んで、そしてまた獣医師の許可ももらい、自発的に乳酸菌とミドリイガイを与えています。 距離も短くなり、ゆっくりですがお散歩も朝夕夜、毎日トータル1km~以上、様子を考慮しながら行っています。 お散歩、ご飯、家族が大好きなボーダーコリー。 たくさん癒されたので、今はたくさん癒してあげています♪
ゆきさん
我が家には14歳7ヶ月の男の子のボダくんと暮らしています。 若干足腰が弱くなり、立ち上がるのに時間がかかるようになってきましたが 食欲もあり、とても元気です。 散歩も大好きだけど、休憩する感覚が増えてきました。 ボダくんが歩き始めるまで待って散歩してます。 残された時間があと少しかもしれないけれど その時まで、楽しく暮らしていこうと思ってます。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る