【獣医師監修】フレンチ・ブルドッグの寿命は短い?最高齢や平均寿命は何年?長生きの秘訣!

原産国のフランスをはじめ、世界中で大人気のフレンチ・ブルドッグ。個性的な見た目と、陽気な性格で人々を虜にするフレブルが、1日でも長生きしてくれるよう、かかりやすい病気や健康生活のコツをぜひ覚えて実践しましょう。

【獣医師監修】フレンチ・ブルドッグの寿命は短い?最高齢や平均寿命は何年?長生きの秘訣!
出典 : iStock.com/Capuski
先生にお聞きしました
菅野 晶子 先生
【学歴】
日本獣医畜産大学(現日本獣医生命科学大学)卒業
Royal Academy of Homoeopathy卒業
新宿鍼灸柔整専門学校卒業

【専門分野】
Aki Holistic Veterinary Care にて
◇鍼灸
◇ホメオパシー
◇ホモトキシコロジー
◇CCLT(Crystal Color Light Therapy)
◇漢方
などを用いたホリスティックケア

【資格】
獣医師
◇鍼灸師
◇日本獣医ホメオパシー認定医

【所属団体・学会】
一般財団法人 比較統合医療学会
一般社団法人 日本獣医ホメオパシー学会
日本ペット中医学研究会

【著作物】
犬の臨床鍼灸学テキスト
(比較統合医療学会 犬の臨床鍼灸学テキスト編集委員会 編著)

【飼ってる動物】
雑種犬1頭(ウメ)
雑種猫2頭(あさり・うにお)

【ペット歴】
36年

【職業上でのペットとのかかわり】
縁あって家族になった動物達が飼い主さんと幸せに生涯を全うできるようお手伝いしたく、日々精進中です。
続きを読む

フレンチ・ブルドッグの平均寿命は何年?

フレンチ・ブルドッグの平均寿命は何年?

iStock.com/meltonmedia / Shutterstock.com

フレンチ・ブルドッグは小型犬であり、小型犬は大型犬や中型犬よりも寿命が長い傾向にあります。

ただ、短頭種のフレンチ・ブルドッグは呼吸器トラブルを抱えたり、腫瘍になりやすい犬種として知られ、小型犬としては寿命が短い犬種です。

同じ小型の短頭種のパグよりも平均的な寿命は短く、10歳未満で亡くなってしまう例も少なくありません。

そのため、“フレンチ・ブルドッグ10歳の壁”などと言われることもあり、フレンチ・ブルドッグのオーナーは愛犬の長生きを望んで健康管理に気遣っています。

フレンチ・ブルドッグの平均寿命は10~13歳と考えられます。

短めで太い脚を持ち、重心は低く、安定しています。

フレンチ・ブルドッグの平均寿命を人間に換算すると何歳?

フレンチ・ブルドッグの平均寿命を人間に換算すると何歳?

iStock.com/gollykim / Shutterstock.com

フレンチ・ブルドッグの平均寿命が11歳だとすると、人間に換算すると60歳ほどになります。

フレンチ・ブルドッグの最高齢は何歳?

フレンチ・ブルドッグの最高齢は何歳?

iStock.com/yhelfman / Shutterstock.com

フレンチ・ブルドッグは、17歳が最高齢と言われています。
(※ギネスに認定されている犬の最高齢は、オーストラリアン・キャトル・ドッグの29歳です)

【参照元】Guinness worldrecords,Oldest dog ever

呼吸器疾患の重篤化を防ぐための外科手術の普及、腫瘍などに対する獣医療の進歩や、健康診断に取り組み病気の早期発見に努める飼い主が増えたこと、フードの品質向上、ブリーダーによる遺伝病の管理などによって、フレンチ・ブルドッグの寿命も延びてきています。

フレンチ・ブルドッグの寿命を縮める要因は?

フレンチ・ブルドッグの寿命を縮める要因は?

iStock.com/Firn / Shutterstock.com

ほとんどのフレンチ・ブルドッグは、短頭種気道症候群と呼ばれる呼吸器トラブルを抱えて生まれてきます。

重度のケースで若齢のうちに手術による治療をしなかった場合、呼吸器周辺の筋肉が衰えてくるシニア期以降、呼吸困難による突然死の可能性があります。

短頭種は呼吸器の構造上、暑さに弱く熱中症にかかるリスクが高めです。

熱中症にかかりやすいフレンチ・ブルドッグ

HANAKA / PIXTA(ピクスタ)

高温のみならず多湿にも注意して熱中症対策をしっかり講じないと、熱中症によって命を落とす危険性があります。

興奮しやすいというフレンチ・ブルドッグ特有の性格も、寿命を縮める要因のひとつになるかもしれません。

興奮すると呼吸数が増えるため、呼吸が苦しくなるからです。興奮する前に頭をクールダウンさせたり、興奮したら飼い主に注目させて行動を抑制するトレーニングなどをマスターしておきましょう。

フレンチ・ブルドッグが長生きできるために注意すべき病気

注意すべき病気①「短頭種気道症候群」

注意すべき病気①「短頭種気道症候群」

iStock.com/Milos Spasic

短頭種気道症候群とは、短頭種に見られる呼吸器トラブルの総称です。

すぐに口で呼吸をする、睡眠時にいびきや無呼吸の状態が見られる、舌の色が紫っぽくなるチアノーゼ、運動後に意識を消失するといった症状が見られます。

短頭種は生まれつき気道が狭いので、軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)、気管低形成、外鼻孔狭窄(びくうきょうさくしょう)といった呼吸器疾患を抱えている確率が高くなっています。

これらは外科手術による治療が有効ですが、筋肉が衰えれば衰えるほど手術による危険性が高まるので、獣医師とよく相談しながら手術の時期を検討してください。

注意すべき病気②「皮膚疾患」

注意すべき病気②「皮膚疾患」

iStock.com/gollykim

フレンチ・ブルドッグは皮膚が脂っぽく、皮膚疾患を発症しやすい傾向にあります。

かかりやすいのは、常在菌であるブドウ球菌が増殖して生じる膿皮症、酵母様真菌の増殖が原因のマラセチア皮膚炎、アレルギー性皮膚炎。それらを併発する可能性もあります。

愛犬の皮膚に少しでも異常が見られたら、早い段階で獣医師に相談しましょう。

早期治療が、愛犬を痒みによるストレスから救ってあげることになり、心の健康の維持にもつながるからです。

注意すべき病気③「悪性腫瘍(がん)」

注意すべき病気③「悪性腫瘍(がん)」

iStock.com/FG Trade

フレンチ・ブルドッグの場合、若年から悪性腫瘍にかかるケースもめずらしくありません。

肥満細胞腫、リンパ腫など、悪性腫瘍を早期に発見できれば、寿命を延ばしてあげられます。

それを心にとめて、健康診断などを定期的に受診しながら、ブレンチ・ブルドッグとの生活では動物病院に健康なうちから通うのをおすすめします。

注意すべき病気④「椎間板ヘルニア」

注意すべき病気④「椎間板ヘルニア」

iStock.com/Patryssia

椎間板ヘルニアになると、フレンチ・ブルドッグは痛みを感じてあまり動きたがらなくなるかもしれません。

突然、飼い主が抱き上げた際や愛犬が動いた際に悲鳴をあげて痛がることもあります。

急に後肢がダラリとしてしまうこともあります。

フレンチ・ブルドッグを飼い主が抱き上げる

iStock.com/Rawpixel

軽症の場合は、炎症を抑えるためにステロイドを服用したり、安静にしたりして治療を行うのが一般的。

重症例では、人間と同じように外科手術で本来あるべき場所から飛び出した椎間板を取り除きます。

また、治療には鍼灸治療などの東洋医学も有効性が認められています。

術後の回復にも、鍼灸治療は効果的です。東洋医学と西洋医学をうまく取り入れながら、獣医師と治療方針を決めてください。

フレンチ・ブルドッグが老犬(シニア犬)になったら起こること

フレンチ・ブルドッグが高齢犬(シニア犬)になったら起こること

iStock.com/LightFieldStudios / Shutterstock.com

フレンチ・ブルドッグは加齢に伴い筋肉が衰えてくると、呼吸がしづらくなってきます。

呼吸器にダメージを与えないように、散歩中に引っ張る犬であれば若齢のうちからハーネスを、引っ張らない犬でもシニアになったらハーネスを使用するようにしましょう。

椎間板ヘルニアや関節のトラブルは、滑る床での生活が発症リスクを高めます。

子犬のうちから、しっかりと四肢が地面に踏ん張れるようなカーペット敷きの環境などで過ごさせてください。
そうすることで、シニア期以降の椎間板ヘルニアの発症リスクを抑えられます。

フレンチ・ブルドッグの健康寿命を延ばすポイントや秘訣は?

フレンチ・ブルドッグの健康寿命を延ばすポイントや秘訣は?

iStock.com/ands456 / Shutterstock.com

フレンチ・ブルドッグは若齢のうちから悪性腫瘍(がん)を発症しやすい犬種のひとつ。

腫瘍の早期発見につながるレントゲン検査や超音波検査など、少なくとも若齢のうちは年に1回、シニア期に入ったら半年に1度のペースで健康診断を受けるようにしたいものです。

万病のもとと言われる肥満にさせないのも、重要なポイントです。

肥満により椎間板ヘルニアの発症リスクがアップするので、愛犬がQOL(生活の質)を落とさず少しでも長く健康でいられるように、適切な食事や運動の管理を心がけましょう。

トレーニングをとおして、興奮させすぎないようにするのも、フレブルとの生活では重要と言えるでしょう。興奮したら、なるべく早く落ち着かせられるように、呼び戻しやマテなども強化しておきたいものです。

フレンチ・ブルドッグ、ホリスティックケアで元気なシニアドッグを目指そう!

フレンチ・ブルドッグ、ホリスティックケアで元気なシニアドッグを目指そう!

seiko / PIXTA(ピクスタ)

フレンチ・ブルドッグは足腰のトラブルや呼吸器トラブルを抱えやすく、興奮しやすい性格の犬種です。

健康なうちから、鍼灸、指圧、マッサージといったホリスティックケアを取り入れる生活を続ければ、1日でも長く健康で過ごしてもらえる可能性が高まります。

フレンチ・ブルドッグ「平均寿命」まとめ

フレンチ・ブルドッグ「平均寿命」まとめ

iStock.com/AshleighWellsPhotography/ Shutterstock.com

あらゆる犬種の中で、動物病院にかかる回数がもっとも多いと言われるフレンチ・ブルドッグ。

健康長寿を目指すためには、病気になる前から動物病院に通い、定期的に健康チェックをしてもらうことが重要です。

かかりつけ医と信頼関係を築き、魅力いっぱいのフレブルと笑顔あふれる日々を過ごしてください!

みんなのコメント

たふさん
フレンチブルドッグがかけがえのない相棒になるなんて、思いもせず暮しはじめました。 いつの頃からか、どんなに吠えたり騒いでいたとしても「あのね、お話があるの」と言うとピタリと止めて、お座りの姿勢になって耳を傾けて聞いてくれました。 初めて聞く言葉には、「今考え中だよええ~っと」と耳をレーダーの様に作動させていました。 それはまるで脳内の記憶にある、ありったけの言葉と言葉を巡らせているかのようでした。 そのしぐさが、今でも懐かしいです。
ぶひこさん
うちもフレブルを2匹飼っていました。つい先日、先住犬がお空に旅立ちました。こんなにも愛おしい存在は他にはいません。人が大好き、お外が大好き、イタズラ大好き、ご飯大好き、寝るのが大好き。これからもこの子たちとの時間を大切に大切にしていきます。
ブー大好き❤️さん
今年14歳のブーは心臓肥大 肺に水が貯まる等老化でいつどうなってもおかしくないと獣医に宣告されました。今まで沢山病気してきたけど こんなに長生きしてくれて本当に幸せです。賢くて遊び好きで食べるの大好きで可愛くて可愛くてどうしようもないです。これから1日1日を大切に過ごしたいです。ブー大好きだよ❗️

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る