【獣医師監修】犬のコリー眼異常 原因や症状、なりやすい犬種、治療方法は?

犬のコリー眼異常(コリーがんいじょう)とは、コリー種の犬に発症することが多いことから名付けられた病気です。いったいどんな原因で起こる病気なのでしょうか?その原因と症状、治療法などについて解説します。

先生にお聞きしました
余戸(ようご)拓也 先生
日本獣医生命科学大学 獣医学科 獣医外科(獣医師 獣医学博士)
◇専門分野:「眼科・外科」

日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学大学院卒業

比較眼科学会・獣医眼科
アジア獣医眼科学会・獣医眼科

【所属】
比較眼科学会
公益社団法人 日本獣医学会
一般社団法人 日本獣医麻酔外科学会

【受賞歴】
比較眼科学会奨励賞 受賞

現在、日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科 獣医外科に所属。同大学付属動物医療センター の眼科獣医師。

獣医眼科学のプロフェッショナルとして、犬や猫の目の治療に従事している。好きなアーティストは葉加瀬太郎。

20頭以上の猫を救い供血猫を引退した中年のオスのサバトラ猫と、捕獲された地域猫でメスの三毛猫と同居中。

【著書】
「カラーアトラス よくみる眼科疾患58」interzoo
「眼科学―獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠」interzoo
「伴侶動物の眼科診療」緑書房
「犬と猫の眼科診療Q&A」緑書房
など
続きを読む

犬のコリー眼異常とは

犬の眼球の構造

犬の眼球の構造

犬の眼底には、一番外側に眼球を包む強膜(きょうまく)があり、その内側に脈絡膜と網膜(もうまく)があります。

網膜は外部から目の中に入ってきた光を電気的な信号に変えて脳に届け、視覚として認識させるもの。

「犬の目が見える」ために、重要な役割を担っています。その網膜へ栄養や酸素を供給しているのが、脈絡膜です。

コリー眼異常とは、眼底にあるこの脈絡膜(みゃくらくまく)が遺伝的に形成不全や欠損を起こします。

重篤な場合は網膜剥離および眼球内出血などが起こる病気です。

犬のコリー眼異常とは

Lisjatina/ Shutterstock.com

脈絡膜に異常があると、網膜の栄養や酸素が行きわたらないため、視覚に影響を及ぼす場合があります。

コリー眼異常では、脈絡膜の形成不全が見られても、視覚に影響が出ない場合もあれば、脈絡膜の欠損から網膜が剥がれ網膜剥離になり、失明してしまう場合もあります。

ちなみに、コリー眼異常に罹患している犬のうち、網膜剥離が起こるのは4〜5%と言われています。

原因

犬のコリー眼異常【原因】

犬のコリー眼異常【原因】

Happy monkey/ Shutterstock.com

遺伝性の疾患であると考えられています。

症状

犬のコリー眼異常【症状】

犬のコリー眼異常【症状】

Anastasiia Vasenina/ Shutterstock.com

犬のコリー眼異常は、ほとんどが無症状なので、健康診断で眼底検査を行わないと気づくことのない飼い主がほとんどです。

網膜剥離が起こると以下のような症状や視覚障害が現れるようになります。

階段の登り降りを躊躇するようになる 
散歩に行きたがらない 
よく物にぶつかるようになる 
鼻で探りながら歩くようになる
黒目が赤くなる(眼内出血)

など

網膜剥離が重症化して網膜が全部剥がれてしまうと、視覚を失います。

発症しやすい犬種

犬のコリー眼異常【発症しやすい犬種】

犬のコリー眼異常【発症しやすい犬種】

BIGANDT.COM/ Shutterstock.com

犬のコリー眼異常は、以下の犬種の発症リスクが高いと言われています。

ラフ・コリー
スムース・コリー
シェットランド・シープドッグ
ボーダー・コリー
オーストラリアン・シェパード
北海道犬
など

診断方法

犬のコリー眼異常【診断方法】 

犬のコリー眼異常【診断方法】 

Ermolaev Alexander/ Shutterstock.com

眼底検査

生後5〜7週齢時に目を検査して、脈絡膜の形成不全がないか診断します。

生後、最初のワクチンを接種する頃に眼底検査を受ければ、脈絡膜の形成不全があるかどうか、診断できます。

ただし、動物愛護管理法により45日齢以内の犬の販売が制限されていることから、一般の飼い主がこの疾患を発見するために、ちょうどよいタイミングで検査を受けることは難しいと言えます。

遺伝子検査

コリー眼異常は、遺伝性の疾患なので、遺伝子検査のみで鑑別が可能と考えられがちですが、遺伝子検査は、眼底検査との組み合わせで行うことで有効なもので、遺伝子検査だけではコリー眼異常を診断することはできません。

治療方法

犬のコリー眼異常【治療方法】 

犬のコリー眼異常【治療方法】 

dezy/ Shutterstock.com

脈絡膜の形成不全が軽度であれば、無症状なので治療の必要はありません。

また、重度で網膜剥離が生じている場合は、残念ながら治療方法はありません。

予防・対策

犬のコリー眼異常【予防対策】 

犬のコリー眼異常【予防対策】 

Eric Isselee/ Shutterstock.com

コリー眼異常の遺伝子を持っている犬の交配をしないことが、罹患犬を増やさない策であり、予防策であると言えます。

犬のコリー眼異常と間違えやすい病気 

犬のコリー眼異常と間違えやすい病気 

William John Hunte/ Shutterstock.com

飼い主の方が犬のコリー眼異常と間違えやすい病気は、とくにありません。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「病気」の人気記事RANKING