犬のおやつで人気のガム。その気になる原料と安全な選び方

おやつになったり、ご褒美になったり、歯磨き代わりになったり。犬用のガムは、いろんな場面で活躍してくれるグッズですが、どんな素材で作られているか、ご存知ですか? 安全な犬用のガムの選び方とその効果について、考えてみましょう。

犬用のガムって、何でできているの?

犬用のガムの主な原材料は、牛皮。牛皮以外には、鶏のささみ、豚皮、牛筋、小魚、砂肝などがあります。ミルクやフルーツなど、フレーバーの付いたガムもあるので、愛犬の好みに合ったガムを探しましょう。

犬用のガムって、どんな効果があるの?

肉厚で程良い弾力性があるガムであれば、歯茎のマッサージになります。また、歯石を取り除いてくれる歯磨き代わりにもなり、丈夫な歯を作ってくれるでしょう。長時間かむと犬のストレスも減り、いたずら防止にもつながります。試しに待ち時間の合間や、飼い主が忙しくて愛犬の相手ができないとき、ガムを1本与えてみてください。犬の注意をそらすことができ、犬が静かに待機してくれます。

その犬用ガム、本当に安全?

普段、私たちが食品に安全性を求めるように、飼い主は愛犬が食べているものが本当に安全なのかどうか、注意を払う必要があります。

犬用のガムには添加物が豊富に含まれるものもあれば、無農薬や有機栽培、保存料、着色料、防腐剤、漂白剤を使用していない安全に配慮されたガムもあります。原材料が牛皮のみで一切余計なものが入っていない商品もあるので、よく吟味して愛犬が喜ぶ体に優しいガムを選ぶようにしましょう。

また、大きさ選びは間違えないよう、注意してください。小さめのガムを与えてしまうと飲み込んでしまい喉を詰まらせる危険性があるため、与えるときは愛犬の様子を見張れる状況下で与えましょう。

国産のガムは本当に安全?

ガムの原材料の原産国を確認することも、ガム選びで大切なポイントです。

「国産」と記載されていれば、安心・安全。そう決めつけるのは、早計です。「国産」表示はあくまで「日本国で生産された」という意味。原材料は輸入品を使っている可能性もあります。そのため、原材料の原産国が明確に表示されているものを選ぶと、より健康リスクを減らせるでしょう。

犬は自分で食べ物を選べません。飼い主が購入して与えるものしか、食べれないのです。飼い主が責任を持って、良質なガムを選んであげてくださいね。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING