散歩を嫌がる犬の飼い主が今すぐ解決すべき、愛犬が抱いている3つの理由

ワクチン接種も終わり、念願の散歩デビューをしたのはいいけれど、あまり散歩が好きではない様子のわが家の犬。散歩の時間になるとあくせくと逃げ回ってしまう……。なぜ散歩を嫌がるのか、その理由を探ってみましょう。

嫌がる理由①~外が怖い

散歩嫌い犬によくあるパターンの一つです。まだ外に慣れていないか、もしくは外で怖い思いをすると外に出るのが嫌になり、散歩に行きたがらなくなります。マンションの共有スペースで他の犬とすれ違ったときにほえられた。外を歩いているときに小学生の集団に取り囲まれて、もみくちゃにされた。これらは一例ですが原因は犬によってさまざまです。

こういった場合は、「外は怖い場所じゃない」と少しずつ学習させる必要があります。少し歩いたらおやつをあげてみる。一定距離まで歩けたら大げさに褒めてあげる。こういった行動を通じて外で歩くのは良いこと・楽しいことだと覚えてしまえば、すぐに散歩好きになれるでしょう。

とはいえ「怖いから散歩に行きたくないタイプ」は、少しずつ慣らす必要があります。犬が帰りたがったら無理をさせず、少し休憩して落ち着いてまだ歩く気があれば歩かせましょう。焦らず地道に改善していきましょう。

嫌がる理由②~首輪が苦しい

これは比較的簡単に改善ができるパターンです。首輪やリードのサイズが犬に合っておらず散歩に行くと首が苦しくなるので行きたくないのです。首輪のタイプを変える。リードを短かったものから長めのものにしてみるなど、お散歩グッズを変えてみてください。

ちなみに首輪を嫌がっている犬を追い掛け回して首輪を付けるのは推奨しません。なぜならば「飼い主が散歩に行くとき、嫌なものを付けてくる」と誤った学習をしてしまうからです。場合によっては首輪だけではなく散歩そのものを嫌いになる可能性も……。

落ち着いた頃を見計らって、前からではなく横や後ろからさっと首輪を付け散歩に行きましょう。

嫌がる理由③~あなたに甘えている

例えば抱っこ好きな犬の場合、散歩を拒否したときに飼い主さんが仕方なく抱き上げて帰宅という行動を取ると「歩かなくなったら抱っこしてもらえた!」と学習してしまい、一定距離を歩いたら歩くのを拒否して「飼い主さんに抱っこしてもらおう」と考えるようになります。こういうときは厳しくしつけましょう。

歩かなくなったらその場で静止。歩き出すまで待ちます。仮に犬が視線で「抱っこして」と訴えてきても、無視してください。根競べになりますが時間が許す限り抱っこを拒否し、とにかく歩きなさいという毅然(きぜん)とした姿勢を見せれば、犬もいずれ諦めきちんと歩き出します。

それでも駄目な場合は先ほどのパターン同様、歩いたら褒める、おやつをあげるなどの対策をして少しずつ距離を伸ばしていきましょう。

散歩嫌いを克服するためにできること

今回のご紹介した内容はあくまで「健康だけど歩きたがらない」犬の場合の対処方法です。けがをして足を痛めている、腰を痛めている、老犬で足腰が弱っており以前ほど歩けず止まってしまうなど、他の要因も少なからずあります。

まずは愛犬の様子をよく観察し、病気やけが、老化現象ではないと判断できたときに今回の方法を試してみてください。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING