【獣医師監修】トイ・プードルの歯磨きはいつから必要?歯磨きガムや歯ブラシ、頻度、コツ、嫌がる場合は?

トイ・プードルは歯周病リスクが高く、歯のトラブルも起こりがちです。長命傾向にある犬種ゆえに、歯周病を予防して健康を守ってあげたいものですが、そのためには、歯磨きが重要になってきます。今回はトイ・プードルの歯磨きについて詳しく解説します。

  • 更新日:
【獣医師監修】トイ・プードルの歯磨きはいつから必要?歯磨きガムや歯ブラシ、頻度、コツ、嫌がる場合は?
先生にお聞きしました
藤田 桂一 先生
フジタ動物病院 院長(獣医師)

日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)大学院 獣医学研究科 修士課程 修了。

1988年に埼玉県上尾市でフジタ動物病院を開院する。

同病院の院長として、獣医師15名、AHT・トリマー・受付31名、総勢46名のスタッフとともに活躍している。

【資格】
獣医師

【所属】
日本小動物歯科研究会 会長
公益社団法人 日本獣医学会 評議員
◆財団法人 動物臨床医学会 理事
公益財団法人 動物臨床医学研究所 評議員
日本獣医療倫理研究会(JAMLAS) 理事
NPO法人 高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク 理事
日本獣医臨床病理学会 評議員
◆社団法人 日本動物病院福祉協会
世界動物病院協会
日本動物病院会
◆小動物臨床研究会さくら会
◆PCM 研究会

その他の会に所属し、研究活動を精力的に行っている。

岩手大学 農学部獣医学科 非常勤講師(2008~2012年)
帝京科学大学 生命環境学部 アニマルサイエンス学科 非常勤講師(2012年~)
日本大学 生物資源科学部 獣医学科 高度臨床獣医学 非常勤講師(2013年~)

【編著】
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.1」interzoo
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.2」interzoo
続きを読む

トイ・プードルの歯磨き【しなくて良い?必要?歯磨きガムやシートだけでも大丈夫?】

トイ・プードルの歯磨き【しなくて良い?必要?歯磨きガムやシートだけでも大丈夫?】

アオサン / PIXTA(ピクスタ)

トイ・プードルの歯磨き①【しなくて良い?必要?歯磨きしないとどうなる?】

犬に歯磨きは不要なのか? いいえ、現代では、トイ・プードルでも歯磨きが必要と言われています。

トイ・プードルの歯磨【必要な理由①】

犬は歯石ができやすい

トイ・プードルの歯磨【必要な理由②】

歯磨きしないでいると歯垢・歯石がたまり、歯周病になる

トイ・プードルの歯磨【必要な理由③】

3歳以上の犬のおよそ80%に歯周病がある

トイ・プードルの歯磨【必要な理由④】

歯周病が進行するといろいろな弊害が出る
歯周病が進行するといろいろな弊害が出る

HIME&HINA / PIXTA(ピクスタ)

どんな弊害かというと、下の表にあるような愛犬にとってはとても辛い事態になってしまうことがあるのです。

これを見ただけでも歯磨きが健康を左右することがおわかりいただけるでしょう。

【歯周病の進行による弊害】【概要】
痛みが出る犬は痛みを我慢し続けなければならない
ごはんが食べられなくなる
イライラしたり怒ったりする、元気がなくなる
内歯瘻(ないしろう)細菌感染が歯根にまで及び、さらに進行すると膿の出口が口の中に開いてしまうことがある
外歯瘻(がいしろう)外歯瘻(がいしろう)内歯瘻と同じく、穴が目の下や頬(ほほ)など皮膚に開いてしまう状態
口腔鼻腔瘻(こうくうびくうろう)内歯瘻や外歯瘻と同じく、口腔と鼻腔とを隔てる骨が溶けてつながってしまうことがある
顎骨の骨折下顎(したあご)の骨が重度に溶けて薄くなると、少しの衝撃で下顎を骨折することもある
他の病気への影響他の病気への影響細菌の毒素が血流に乗り、全身に回ることで心臓病や肝臓病、腎臓病など他の病気に影響を与えてしまう

トイ・プードルの歯磨き②【歯磨きガムやシートだけでも大丈夫?】

歯磨き②【歯磨きガムやシートだけでも大丈夫?】

くるりん / PIXTA(ピクスタ)

一口に犬の歯磨きと言ってもペット用デンタルケア用品にはいくつかのツールがありますが、「歯磨きガム」や「歯磨きシート」「歯磨き作用のあるおもちゃ」だけでは歯の隙間や入り組んだ箇所までの汚れは落とせません

犬の歯磨きガムやおもちゃは、主に噛(か)む歯には作用するものの、噛むことに使わない歯の汚れ落としまでは期待できず、やはり歯磨きは細かい部分にも行きわたりやすい歯ブラシを使うのが理想的です。

トイ・プードルの歯磨き【いつから(何歳)必要?頻度(回数)は?】

トイ・プードルの歯磨き【いつから(何歳)必要?頻度(回数)は?】

mon / PIXTA(ピクスタ)

トイ・プードルの歯磨き①【いつから(何歳)必要?】

犬でも乳歯のうちから歯磨きトレーニングを始められたらベストです。

トイ・プードルの乳歯が生え始めるのは生後21日頃から。

生後3ヶ月頃には乳歯が生え揃います。

つまり、乳歯が生え揃う「生後3ヶ月」頃から少しずつ歯磨きトレーニングを始めるといいでしょう。

トイ・プードルの歯磨き②【頻度(回数)は?】

犬では、歯垢が歯石に変化するのは3~5日程度なので、歯磨きは少なくとも1日おきに、できれば毎日行なうのが理想的です。

トイ・プードルの歯磨き【口の開け方・歯磨きの仕方やコツ・出血や歯石など注意点!】

トイ・プードルの歯磨き【口の開け方・歯磨きの仕方やコツ・出血や歯石など注意点!】

アオサン / PIXTA(ピクスタ)

トイ・プードルの歯磨き①【口の開け方は?】

犬の歯磨きは、原則として歯の外側は口を閉じたまま唇を引っ張ることで歯を磨けますが、歯の裏側は口を開ける必要があります。

歯の裏側を歯磨きをする時、犬の口を開けさせるには、犬歯の後ろに親指と人差し指(または中指)をあてがい(下写真)、下顎(したあご)を支えながら上顎を軽く引き上げるようにすると口を開けやすくなります。

この時、上顎を強く握ってしまうと犬が呼吸しづらくなるのでご注意ください。

 歯磨き①【口の開け方は?】

©フジタ動物病院、写真:大塚良重

歯の外側は唇の端からスッと歯ブラシが入り、そのままの状態で磨けます。

なお、犬が嫌がるのに、無理に口をこじ開けようとすると歯磨き自体に負のイメージがつき、なおさら歯磨きを嫌がるようになってしまうので無理強いは禁物です。

トイ・プードルの歯磨き②【歯磨きの仕方やコツ(内側・奥歯)は?】

以下はトイ・プードルの歯磨き上手になるためのポイントです。

トイ・プードルの歯磨き上手ポイント①

口の周りに触られることに慣らすところから始め、段階を追って少しずつ慣らす
(急に歯磨きを始めると嫌がり、歯磨き嫌いになることがある)

トイ・プードルの歯磨き上手ポイント②

歯ブラシはトイ・プードルの口に合ったサイズで、毛の軟らかいものを
(痛かったり、苦しかったりすれば歯磨きが嫌になる)

トイ・プードルの歯磨き上手ポイント③

愛犬の歯を磨く時には優しくソフトに
(痛いことから歯磨き嫌いになることがある)

トイ・プードルの歯磨き上手ポイント④

リラックスしたムードの中で行なう
(飼い主の気負い過ぎは犬も緊張する)

磨く時の簡単ポイント

keechuan / PIXTA(ピクスタ)

次に、磨く時の簡単ポイント。

トイ・プードルの歯磨きポイント①

上顎(うわあご)の歯の外側は、唇をめくったり、唇の端から歯ブラシを入れたりすることで、口を開けさせずとも磨くことは可能

トイ・プードルの歯磨きポイント②

磨く時は手早く、長い時間口を開けさせるのは犬にとっても辛い

トイ・プードルの歯磨きポイント③

とにかく磨けるところだけ磨く、残りはまた次回にというくらいの気持ちで

トイ・プードルの歯磨きポイント④

普段、犬と対面した状態で歯磨きをしており、歯の裏側や奥歯が磨きにくい場合は、自分のお腹の上に犬の背中がつくように抱っこして磨くと、歯の位置関係が自分の歯磨きをする時と同じになるので、感覚的に磨きやすくなることもある

トイ・プードルの歯磨きポイント⑤

犬の歯の裏や奥歯、磨きにくい箇所などは、歯ブラシの先端や後ろ角、横の縁をうまく利用する

トイ・プードルの歯磨きポイント⑥

犬歯や上顎と下額の大きな奥歯は特に大切な歯ですのでしっかり磨くようにしてください

犬の歯磨きについて、詳しくは以下のリンク記事をご覧ください。

歯磨き③【出血・歯石など注意点!】

HIME&HINA / PIXTA(ピクスタ)

トイ・プードルの歯磨き③【出血・歯石など注意点!】

愛犬の歯磨き中に歯肉(歯茎)から出血がある場合、わずかな場合やすぐに止まるようでしたら問題ありませんが、歯肉炎もしくは歯周炎なのかもしれません。

いつも出血する場合は、動物病院で相談してみてください。

また、愛犬の歯に歯垢や歯石がある場合、そのまま放置するとどんどん歯周病が進行してしまいます。

動物病院で治療してから歯磨きを開始しましょう。

トイ・プードルの歯磨き【トイ・プードル専用(小型犬)の歯ブラシや歯磨き粉が必要?おすすめグッズは?】

トイ・プードルの歯磨き【トイ・プードル専用(小型犬)の歯ブラシや歯磨き粉が必要?おすすめグッズは?】

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

トイ・プードルの歯磨き①【トイ・プードル専用(小型犬)の歯ブラシや歯磨き粉が必要?】

トイ・プードルは口が小さい上に顎(あご)も細いという点を考慮して歯磨きグッズを選ぶといいでしょう。

つまり、ヘッドが大きく、柄(え)が太い歯ブラシはトイ・プードルには不向きです。

同様に、指サックタイプの歯ブラシも太さがあるため向かないでしょう。

犬の歯磨き粉については必ずしも必要というわけではありませんが、歯ブラシを受け入れやすくするために愛犬が好む味の歯磨き粉を使うなど、トレーニングのきっかけづくりにも使えますし、歯垢除去効果をより期待できることにもなり、歯磨き粉を使用するのは良いことだと思います。

トイ・プードルの歯磨き②【おすすめグッズは?】

歯磨き②【おすすめグッズは?】

keechuan / PIXTA(ピクスタ)

【初級】(歯磨きがまだできない、歯磨きトレーニングの初期)

自分の指、指に巻いたガーゼ、綿棒

歯に触れること、歯に異物が触れることに慣らすために。

【中級】(口や歯にはある程度触れることはできるが、歯ブラシはまだ使えない)

歯磨きガーゼ、愛犬が好む味の歯磨き粉、歯磨きスプレー

指に歯磨き粉を塗って愛犬の歯を磨くなど、歯ブラシを使う前段階の練習に。

【上級】(歯ブラシが使える)

歯ブラシ、歯磨き粉

トイ・プードルにはヘッドが小さくて毛が軟らかく、柄(え)の細めの歯ブラシがおすすめ

ヘッドは四角よりも丸みのあるほうが口にスッと張りやすいこともあります。

トイ・プードルの歯磨き【人間用の歯ブラシ(乳児・赤ちゃん)や市販の歯磨き粉の使用はOK?】

トイ・プードルの歯磨き【人間用の歯ブラシ(乳児・赤ちゃん)や市販の歯磨き粉の使用はOK?】

アオサン / PIXTA(ピクスタ)

トイ・プードルに歯磨きをする際、人間の乳幼児用や子ども用、または部分磨き用、歯間用(毛の軟らかいもの)などの歯ブラシを代用することもできます

ただし、柄の短い歯間歯ブラシは誤飲の危険性もあり、使用には注意が必要です。

人間用の歯磨き粉は使用しませんように。

人間用のものには発泡剤やフッ化物、犬にとっては有害なキシリトールなどが含まれています

キシリトールは犬では中毒を起こしますし、フッ化物は微量であれば大丈夫なものの、多量に摂取した場合は嘔吐や下痢など中毒症状が出ることがあり、うがいができない犬には使わないほうがいいでしょう。

【参照元】厚生労働省e-ヘルスネット「フッ化物配合歯磨剤」

トイ・プードルの歯磨き【噛む・暴れる・嫌がる場合の対処法は?】

トイ・プードルの歯磨き【噛む・暴れる・嫌がる場合の対処法は?】

ホタル / PIXTA(ピクスタ)

トイ・プードルが歯磨きを嫌がる場合、考えられる理由には以下のようなものがあります。

どれかあてはまるものがあるなら、まずはそれを修正するように努力してみましょう。

口に触られることに慣れていない
磨き方が強過ぎて痛い
歯ブラシが硬過ぎる、または大き過ぎる
歯や口の中にトラブルがあって違和感や痛みがある
無理強いされるので怖い

中には歯ブラシの毛の質や軟らかさ、歯ブラシの角度などを変えただけで歯磨きを嫌がらなくなった例もあるので、いろいろ試してみるといいでしょう。

中には歯ブラシの毛の質や軟らかさ、歯ブラシの角度などを変えただけで歯磨きを嫌がらなくなった例もあるので、いろいろ試してみるといいでしょう。

多田信司 / PIXTA(ピクスタ)

愛犬が歯ブラシを噛(か)んでしまう場合は、そのまま噛ませていると噛む癖が強化されてしまうので、噛んだ時には「あっ」「だめ」など声をかけて歯ブラシを口から出し、噛まない時にご褒美をあげて褒めるようにし、トレーニングしてみてください。

暴れてしまう場合は元気が有り余るのか、何らかの理由で歯磨きが嫌なのかもしれません。

元気があって遊んでしまうような犬では、散歩や運動後の少し疲れて落ち着いた状態でトライしてみるといいのではないでしょうか。

トイ・プードルの子犬(赤ちゃん)・老犬の歯磨き【注意点・ケア方法は?】

トイ・プードルの子犬(赤ちゃん)・老犬の歯磨き【注意点・ケア方法は?】

HIME&HINA / PIXTA(ピクスタ)

トイ・プードル【子犬(赤ちゃん)の歯磨き】

歯磨きトレーニングをするのにちょうどいいのが子犬期です。

ただし、急に歯ブラシを使って歯磨きを始めると、不快感や痛みから歯磨き嫌いになってしまうことがあるので、まずは口の周りに触られることに慣らすところから始めましょう。

その後、指先で

唇に触れる ⇒ 唇をめくる ⇒ 口の中に指を入れて歯や歯肉に触れてみる ⇒ 綿棒やガーゼで軽く歯を磨いてみる

というように少しずつ慣らすようにしていきます。

併せて、歯の数や歯の生え方などもチェックしましょう。

トイ・プードル【老犬の歯磨き】

老犬は我慢もきかなくなり、歯磨きの間、じっとしていられなくなることもあるかもしれませんが、そのような時は、すべての歯を磨こうとせず、とりあえず磨けるところだけ磨き、日を追って磨く場所を変えていくようにするといいでしょう。

トイ・プードル【老犬の歯磨き】

mon / PIXTA(ピクスタ)

介護が必要な老犬では歯磨き自体が難しくなることもありますが、せめてガーゼや綿棒で歯を拭く、水を入れたシリンジで口の中を洗い流すなどできたらいいですね。

もとより、トイ・プードルは長寿の犬が多い上に、老犬になると持病をもっていることが多くなります。

歯周病からその持病が悪化しないように気をつけたいものですが、状況によっては老犬でも麻酔をかけて歯石除去手術ができる場合もあるので、愛犬の歯石が気になる時には動物病院で相談してみてください。

何より、少しでも若いうちに歯石を除去しておくことをおすすめします。

トイ・プードルの歯磨き【歯周病など、気をつけるべき歯の病気は?】

トイ・プードルの歯磨き【歯周病など、気をつけるべき歯の病気は?】

アオサン / PIXTA(ピクスタ)

気をつける歯の病気①【乳歯遺残(にゅうしいざん)】

犬の歯の生え変わり時期が過ぎても乳歯が抜け落ちずに残ってしまい、永久歯と併存している状態を「乳歯遺残」と言いますが、トイ・プードルやチワワのような小型犬ではよく見られます。

愛犬に乳歯遺残があると歯が重なって生えていることから歯垢・歯石がつきやすく、歯周病のリスクが高まる他、周囲の歯の生え方にも影響するので、基本的には抜歯が必要になります。

気をつける歯の病気②【歯周病】

トイ・プードルは顎(あご)に対しての歯のサイズは意外に大きく、その分、歯と歯の間が狭くなっているために歯垢・歯石が付きやすい環境になっています。

加えて、乳歯遺残も起こりやすいことから、トイ・プードルは歯周病のリスクが高い傾向にあります。

気をつける歯の病気②【歯周病】

HIME&HINA / PIXTA(ピクスタ)

気をつける歯の病気③【内歯瘻(ないしろう)/外歯瘻(がいしろう)/口腔鼻腔瘻(こうくうびくうろう)】

犬の歯の周辺組織や歯髄(しずい)が細菌感染を起こし、炎症が歯の根元先端部分(根尖部)にまで及んだ後、さらに進行すると、膿(うみ)が排出されるトンネル(瘻管/ろうかん)ができ、その出口である穴が口腔内や皮膚、鼻腔と口腔とを隔てる骨などに開いてしまうことがあります。

歯周病や変形歯に由来するものでは、トイ・プードルは発症リスクの高い犬種の一つとされます。

外歯瘻では細菌によって目の下や頬、顎の下などの皮膚に穴が開いてしまう。

【外歯瘻の症例】写真提供:フジタ動物病院

犬の外歯瘻では細菌によって目の下や頬、顎の下などの皮膚に穴が開いてしまう。

トイ・プードルの歯磨き【虫歯や病気になってしまった場合は?】

トイ・プードルの歯磨き【虫歯や病気になってしまった場合は?】

アオサン / PIXTA(ピクスタ)

犬では虫歯は稀(まれ)ですが、放置すれば痛みが出る他、虫歯菌が血流に乗って心臓病をはじめ他の病気に影響したり、思わぬ病気を引き起こしたりすることがあります。

また、歯や口の中に異常がある場合、中には重篤(じゅうとく)な病気が隠れていることもあるので、少しでも気になることがある時には、早めに動物病院で診てもらいましょう。

犬の歯科治療【ペット保険は適用される?】

 犬の歯科治療【ペット保険は適用される?】

CORA / PIXTA(ピクスタ)

ペット保険では、犬の歯科治療に関して、「一切補償対象外」とするペット保険や、「犬の歯周病は対象となる」「全身麻酔をした上で行なった処置は手術にあたり、補償対象となる」「乳歯遺残の抜歯は対象外であるものの、それによる他の歯科疾患があって、その治療の一環であるならば補償対象となる」などペット保険によってまちまちです。

また、基本的に“予防”にあたるものは補償対象外となり、予防としての「歯垢・歯石除去」のような処置は補償されません。

ペット保険の加入を考えており、かつ将来的に歯科疾患が心配で補償を望むのであれば、それぞれのペット保険の補償内容や条件をよく比較検討することをおすすめします。

さらには、大切なトイ・プードルの健康を一生守るために、生涯加入できるペット保険を選ぶといいでしょう。

トイ・プードルの歯磨き【まとめ】

トイ・プードルの歯磨き【まとめ】

アオサン / PIXTA(ピクスタ)

トイ・プードルは小さい口の中に歯が密集して生えており、乳歯遺残にもなりやすいことから歯周病になりやすい傾向にあるということは覚えておきましょう。

長生きな犬種でもあり、なるべく健康に生活を送らせてあげたいと思うのであれば、歯磨きは重要なポイントとなります。

歯ブラシの種類を変えるだけでも歯磨きができるようになる例もあるので、気長に焦らず歯磨きにトライしてみてくださいね。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の飼い方・しつけ」の人気記事RANKING